オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

安城市で棟の取直し工事を行いました|雨漏れの不安からの解消


工事のきっかけ

飛び込み業者からこのままだと雨漏れしますよと指摘を受けて不安になったそうです。しかしその業者の出した見積もりが高額で適正かどうか不安になりお問い合わせ頂きました。

安城市 棟瓦取り直し

ビフォーアフター

before
棟の取直し
horizontal
after
棟の取直し

工事基本情報

施工内容
棟瓦取り直し
施工期間
2日
使用材料
陶器瓦
施工内容その他
築年数
40年
保証年数
工事費用
18万円
建坪
ハウスメーカー
屋根瓦 不具合
屋根瓦 不具合
屋根点検時の状態です。

棟下部分を見てみると漆喰ではなくシリコンを使用して隙間が埋まっていました。
この様な状態ですとシリコンの劣化が進み、切れや隙間が出来た際に雨水の脱げ道が無くなり
雨水が室内に侵入してしまう可能性が考えられます。
屋根瓦 不具合
屋根瓦 不具合
桟瓦にはズレ防止の為にこちらもシリコンが使われていました。
まだ瓦の横方法にはシリコンが使われておらず一安心しました。

瓦の重なり部分を全て埋めてしまう業者もいますが、
雨漏れのリスクが高くなるので絶対におススメは出来ません!!!!

現状雨漏れはありませんでしたが、雨漏れが発生してもおかしくはない状態でした

工事開始

棟取直し
まずは既存の棟を解体していきます。
瓦をめくると土が葺き土があります。
これも全て撤去していきます。
棟取直し
棟際の瓦も交換をしていきます。

以前使われていた瓦は塩焼きの瓦といい
現在では作っていません。
また凍害によって瓦に割れ等もありましたので
艶は出ますが色味の似ている陶器瓦を使用しました。
棟取直し
なんばん漆喰を使用して
瓦を1枚1枚ズレ無い様に積んでいきます。
棟取直し
のし瓦まで積み終わり
後は一番上の冠瓦を取り付ければ完成です。
棟取直し
棟の取直し工事完了しました。

葺き土の代わりになんばん漆喰を使用する事により
以前よりも強固な棟になります。
屋根という部分は普段なかなか見ることが出来ない部分です。

だからこそ安心の出来る業者に頼みたい物です。

しかしどうやって探したらいいか分からないという方が多く見られます。

街の屋根やさんは屋根工事を中心に外回り工事を専門としています。

少しでも屋根に不安がある方は是非一度

街の屋根やさん 西三河店までお問い合わせください!!

【工事完了後】

棟の取直し

同じ工事を行った施工事例

施工事例

豊田市でハイロールを使って棟の積み直し工事を行いました

20181020-6_181020_0022
257be8e15052a0772b0405892b70ae56
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
足場
火災保険
使用素材
ハイロール
築年数
築20年
建坪
40坪
保証
工事費用
80万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

日本瓦雨漏り

今回は日本瓦です。雨漏れに長年お悩みで都度業者さんの補修を行ってきた屋根です。形は寄棟。斜めに下っている隅棟からの漏水が案件としては多い屋根の形です。

古瓦凍て

おなじみの瓦屋根根点検です。日本瓦は漆喰メンテナンスや浮きやズレを指摘されて心配になる方が多いですね。だいたいの場合は当社で点検に行くと大丈夫であることが多いのですが。今回は古瓦という事でご覧のような屋根です。今使われている瓦とは働き幅など...........

棟の取直し

名古屋市守山区で瓦屋根の棟取直し工事をやっています。去年の台風の際に雨漏れがあって街の屋根やさんに問い合わせがありました。4年程前に漆喰工事をやっていたみたいですが今回の台風で雨漏れが起きたみたいです。点検をした際に漆喰を塗り直しただけでは...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん西三河店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-947-660