スレート屋根へのカバー工法の選択肢


スレート屋根の屋根カバー工法、金属屋根以外の選択肢もあります

スレート屋根の屋根カバー工法で金属屋根は遠慮したいという方へ

 現在、最も普及しているスレート(カラーベスト・コロニアル)屋根、その屋根リフォームとして最も一般的なのが屋根カバー工法ではないでしょうか。

スレート屋根の家

 屋根カバー工法はその名通り、屋根の上に屋根を被せてカバーする工法で、「重ね葺き」や「増し葺き」などとも言われます。

 これまでの屋根に上に新たな屋根を重ねるわけですから、軽い屋根材の方がいろいろと有利なところが多く、ガルバリウム鋼板などの金属屋根材が選ばれがちです。

 昔のトタンと較べると、現在の金属屋根材は遮音性や断熱性、耐久性にも富んでおり、様々な面で進化しています。しかし、「色が豊富ではない」、「表面がほぼ平らでツルっとしているので安っぽく見える」、「雨音がうるさそう」、「夏は暑そう」と思われている方が多いのも事実です。

ハイブリッド瓦やアスファルトシングルでも屋根カバー工法が可能です!

ルーガ鉄平、オークリッジの住まい

 実は屋根カバー工法って、金属屋根以外の屋根材も選べるということをご存知でしたでしょうか。 

 屋根カバー工法ではハイブリッド瓦やアスファルトシングルといった屋根材を選ぶことができるのです。


 重厚感のある瓦屋根に憧れるという方は見た目がいぶし瓦とそっくりのROOGAシリーズ(ケイミュー株式会社)もいいでしょう。

 彩り豊かでおしゃれな屋根にしたいという方はアスファルトシングルを選ぶこともできます。

日本家屋の様な重厚感のある瓦屋根にしたいと思う方はハイブリッド瓦がおすすめ

 見た目は粘土瓦にそっくりだけど、重さは瓦の半分以下というのがハイブリッド瓦のROOGAシリーズです。

 和風のお家によく似合うROOGA雅と洋風のお家にもマッチするROOGA鉄平がラインナップされています。


ルーガについての詳細はこちら

グラデーションで屋根を彩りたいという方はアスファルトシングルがおすすめ

 アスファルトシングルは防水紙と屋根材が一体化したような屋根材で、防水紙の上に石粒が吹き付けられています。

 アスファルトシングルによる屋根カバー工法はこれまでのスレート(カラーベスト・コロニアル)屋根に貼り付けていく施工になります。


オークリッジについての詳細はこちら


リッジウェイについての詳細はこちら

お客様から寄せられたカバー工法に関するご質問にお答えします!

スレート屋根のカバー工法についての疑問

スレート屋根のカバー工法についての回答

アスファルトシングルは市場の供給量も圧倒的に少なく扱う業者も少ない

 街中のお家を見てみれば分かるように、アスファルトシングルの屋根はかなり少ないですよね。

 屋根専門店であっても「アスファルトシングルで施工したことがない」、または「施工した経験はあるけど、数回程度」というところは多いのです。こういったところにアスファルトシングルでの屋根カバー工法を頼むのはちょっと不安ですよね。


 アスファルトシングルに精通していないことを自覚しており、良心的な屋根業者の場合は広く普及しており、施工経験も豊富な金属屋根材を薦めてきます。

ROOGAの施工を取り扱えない業者も多い

 一方、ROOGAですが、こちらはケイミュー株式会社から認定が必要です。

 ROOGAを取り扱うための講習会を受講することはもちろんのこと、瑕疵担保険の加入と建設業許可証の取得も義務付けられています。


 また、ROOGAは粘土瓦を模した屋根材ですが、施工方法はかなり違います。棟の設置の仕方などは独自の工法となるので、やはり相応の施工経験が求められます。

 ただやはり最大の理由は金属屋根材が最も軽量なので、お家に掛かる負担が最小限だということが挙げられます。

地震のことを考えた場合は屋根は軽いほうがいい

  地震の際の屋根の揺れは屋根の重さにも左右されます。屋根が軽ければお家の重心も下がりますし、慣性の法則も小さくなりますから、揺れづらくなるのです。


 屋根カバー工法はこれまでの屋根の上に新たな屋根を被せるため、当然のことながら、屋根の重量は増します。屋根は新しくなりますが、耐震性などの面ではマイナスなのです。屋根カバー工法を選んだ場合も屋根の重量増は最低限に留めるべきです。

ROOGA、シングル材、金属屋根材をスレート屋根に載せた場合の重量

屋根が重いと重心が高くなり、地震の際の揺れも大きくなります

 重い屋根の代表として瓦屋根は工法によっても違いますが、一昔前のお家で1㎡あたり5060kgです。現在、新築などで用いられる瓦は昔のものよりも軽くなり、1㎡あたり4243kgです。具体的にどの重さまでなら大丈夫とは言えないのですが、やはり軽い方がいいに決まっています。


 お家の地震に対する強さは19816月に施行された新耐震基準と旧耐震基準で大きく変わります。

 古いお家の場合、安全性を考えて、お客様のご希望とは異なるものの、敢えて金属屋根を薦めてくる業者も存在します。

エコグラーニを乗せた屋根

 金属屋根材であっても、エコグラーニをはじめとするディーズルーフィングの製品は表面に自然砕石が吹き付けられており、見た目も、質感も金属屋根とは思えません。

 現在はさまざまな建材が流通していますから、自分のお家とお好みに合わせて屋根材を選ぶことも可能なのです。


 街の屋根やさんはROOGAやアスファルトシングルでの屋根カバー工法にも精通しておりますが、やはり金属屋根材をお薦めします。

ディーズルーフィングについての詳細はこちら