強風被害を受けたり、老朽化した棟板金を新しいものへと交換する


傷んだ棟板金を新しいものへ交換することで、飛散などの心配がなくなります!
棟に設置されている板金が「棟板金」
板金という言葉はご存知でも、お住まいのどの部分に使われているかをご存知ない方も多いのではないでしょうか。家屋で板金というと、主にスレート(カラーベスト・コロニアル)系の屋根を留めている金属部分のことを指します。図をご覧になれば分かるように、屋根と屋根の面が合わさる山状(角)の接合部分、ここを覆って雨水の浸入を防ぎ、なおかつ屋根材を固定している金属が板金です。 この屋根と屋根の面が出会う山状の部分を『棟(むね)』と呼びます。屋根の形状にもよりますが頂上にあるものを『大棟』、その端から四隅へ対角線上に伸びているものを『隅棟』と呼びます。この棟に設置されている板金だから普通は「棟板金」と呼ばれます(単に板金とも呼ばれます)。
棟は屋根の頂上部や四隅にあるため、風に影響を受けやすい
棟はお住まいの最も高いところである屋根の頂上部分(大棟)や四隅(隅棟)にあるため、風の影響を受けやすく、強風の被害に遭いやすい部分です。また、屋根の上という確認しづらい場所にあるため、浮き上がってしまったり、飛んでいってしまったりしても気付かないことが多く、いつの間にか雨漏りしていたなんてこともあります。
棟板金工事Before&After01:「棟板金工事」の施工例
瑕疵保険、建設業許可
台風通過後は棟板金の飛散に要注意!
台風の被害に遭う前に無料点検をご利用ください
 大型の台風が通過した後に多くのお問い合わせをいただくのが棟板金についてです。「落下してきた」、「飛散してどっかへ行ってしまった」、「変形した」といずれも強風による被害になります。その原因のほとんどは棟板金を固定している貫板(芯木とも呼ばれる部分、板金を留めるための木材)の腐食と劣化です。棟板金は貫板に釘で固定されています。そのため、貫板が劣化してしまうとどうしても固定する力が弱くなり、風に負けてしまうのです。

 棟板金が外れてしまうと、雨漏りに繋がります。いざという時、慌てないためにも定期的な点検を心掛けましょう。慣れていない方が屋根に上るのは危険ですので、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。
台風だけじゃない!最近の気象は凶悪です!!
地球規模の環境変化、温暖化の影響からか一年中、暴風の心配をしなくてはならないようになりました。
北海道佐呂間町の竜巻被害(2006年)
竜巻
 発生しやすい季節は春から秋ですが、冬でも発生します。竜巻は急に発生し、消滅するため、その風速を計ることは極めて難しいようです(予め観測機を用意し、設置できないため)。これまで日本で発生した最大級の竜巻の風速の推定値は100m、台風を軽く凌駕します。
急速に発達する低気圧(爆弾低気圧)
急速に発達する低気圧(爆弾低気圧) 
 24時間で中心気圧が「24ヘクトパスカル×緯度による係数」以上低下する温帯低気圧のことです。台風のように何日も前から接近してくるのが分かれば対策も取れますが、文字通り急速に発達するため、準備が間に合わず、大きな被害が生じる恐れもあります。春に多く発生しますが、冬でも発生し、大雪を降らせることもあります。
台風
台風
 ご存知の通り、熱帯低気圧が発達したものです。主に日本へは夏から秋にかけて上陸しますが、1956年の台風3号は4月下旬に鹿児島県に上陸しました。関東へは1965年5月下旬、千葉県に上陸した記録が残っています。上陸した場合、日本列島各地に甚大な被害をもたらすこともありますが、重要な水源でもあり、ダムの貯水率が一気に改善されるメリットもあります。これまでに観測された最大瞬間風速は沖縄県宮古島で85.3mです。
ダウンバーストとガストフロントのモデル図
ダウンバースト、ガストフロント
 積乱雲から発生する強い下降気流が生む突風です。雨粒が落下する際、周囲の空気を巻き込む、乾燥した冷風が気化熱を奪い、空気密度が高くなる、これらが重なって下降気流の速度が増していきます。下降気流は勢い良く地面に衝突し、水平方向に広がる突風となります。水平方向に広がった突風が上昇気流に出会うと小規模な前線となり、これまたガストフロントと呼ばれる突風となります。
固定力長持ち、腐食・強風に強い棟板金あります!
貫板をプラスチック製にして耐久性アップ
 従来、棟板金を固定している貫板は木製でした。そのため、雨水が浸入すると腐食や劣化のスピードが早まり、釘を固定する力も弱まります。
 最近の貫板にはプラスチック樹脂製(タフモック ケイミュー社)のものもあります。これらは水分を吸収しませんので、木製よりも劣化しにくいのが特長です。また、板金を固定するのにも釘ではなく、SUSビス(ステンレス製のネジ)を使用します。サビに強く、ねじ込み式なので緩みにくいからです。プラスチック樹脂製貫板とSUSビス、こ れらによって強風に強い棟板金と安心を手に入れることができます。
屋根工事のご相談、お見積り、点検なら街の屋根やさん西三河店にお任せ下さい
9時~17時まで受付中!
0120-947-660
棟板金交換工事 工事の流れ01:状況確認
棟板金の状況を確認します。
棟板金の状況を確認します
色褪せが目立ち、釘の浮きが気になります
 交換前の棟板金の様子です。色褪せも目立ちますが、何より気になったのは釘の浮きです(右写真)。随所でこの様な浮きが見られる場合は、棟板金の下にある貫板にも傷みが出ている可能性が高いです。理由は貫板が腐食すると、釘が抜けやすくなるからです。また、浮き出た部分が錆びているので、浮いてから長い年月が経っていることが伺えます。
工事の流れ02:棟板金撤去
古くなった棟板金を撤去します。
古くなった棟板金を撤去します
棟板金と共に貫板も全て撤去します
 棟板金を外すと貫板が出てきます(左写真)。ご覧の通り貫板は湿気を帯びており、ボロボロに腐食しています。棟板金と共に貫板も全て撤去し、清掃を行います(右写真)。
工事の流れ03:釘穴の補修
コーキングで釘の穴を補修します。
釘穴が開いたままでは水分が屋内に侵入してしまいます
釘穴は完全に塞ぎます
 貫板を固定していた釘の穴はそのままにはできません。穴が開いたままですと、そこから水分が屋内に浸入してしまうからです。左写真の様にコーキングによって釘穴は完全に塞いでおきます。
工事の流れ04:貫板設置
プラスチック樹脂製の貫板を設置します。
プラスチック樹脂製の貫板を設置
固定力の高いSUSビスを使用します
 今までは木製の貫板でしたが、プラスチック樹脂製の貫板に交換します。木製と比べてプラスチック樹脂製の貫板は軽くて腐食に強い特徴があります。また、釘ではなくSUSビスを使用するので固定力も高いです。
工事の流れ05:棟板金交換工事完了
棟板金を設置して完了となります。
水分が入り込まない様にコーキング処理を施します
強い棟板金に大変身!
 棟板金をSUSビスで固定します。棟板金の接合部からは水分が入り込まない様にコーキング処理を施します。以上で棟板金交換工事は完了となります。強風にも負けない強い棟板金に大変身です!
工事の流れ06:屋根塗装後の棟板金
棟板金交換工事と一緒に屋根塗装もご依頼いただきました。
棟板金交換工事と一緒に塗装も行いました
まるで新築のような美しさ!
 屋根の塗膜にも傷みが見られましたので、今回は屋根塗装も同時にご依頼をいただきました。棟板金の交換だけでなく屋根塗装まで行ったので、まるで新築に戻ったような様な美しさです!
commoncontact_jup
9時~17時まで受付中!
0120-947-660