現場ブログ

【台風21号、台風24号で被災された方へ12/8更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順次対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

台風被害 瓦の割れ・ズレ

2018.12.4

春日井市で屋根瓦が台風によってめくれてズレたので応急補修に行ってきました。こちらが実際の写真です。棟瓦という屋根の頂点部分に積んである瓦がずれています。中の葺き土も見えてしまっている状態でこのまま放置しておくと雨漏れのリスクが増えていきます...........

軒天水漏れ

2018.12.3

軒天の水漏れによる穴あき、との事でてんけんに行ってきました。台風の時だったので被害拡大を恐れ応急の施工をご主人さまが行った後でした。しかし屋根の状況は登れない為変わっていません。

鳥の巣被害

2018.12.1

今回は鳥の巣を瓦の中に作られて困っているという相談から点検にやってきました。ご覧のように一見何の不具合もなく葺いてある屋根です。

古瓦雨漏れ

2018.8.16

今回は刈谷市のとある店舗さんの屋根点検です。なんと築90年という老舗ですが、やはり建物の老朽化は進んでしまうものです。幾度となくメンテナンスを繰り返してきましたが、今回の台風で水漏れが相当量あったようです。

モルタルベランダ

2018.8.14

外壁塗装や防水工事を行ったことがある方は勝手がわかるかもしれません。今回はベランダのタイプで工事内容が異なるという話をしていきたいと思います。モルタルのベランダです。灰色と緑の部分が混ざっています。

漆喰工事

2018.8.12

前回点検の様子をお知らせした漆喰工事の様子を見て頂こうと思います。正しい漆喰工事という事でブログをご覧になったかと思いますが、何が間違っていて何が正しいのか?こちらを読んでいただいて参考にして頂ければと思います。

スレート劣化

2018.8.10

今回は「建物診断」について書いていきたいと思います。刈谷市からのご依頼で複数社相見積もりで塗装工事を・・。と連絡を頂きました。その際に診断はどのようにして行うのか、という旨の質問がありました。当社では可能な限り屋根に登らせて頂き、屋根外壁付...........

漆喰工事

2018.8.8

半田市の漆喰点検について工事の方法などお伝えしていきます。棟下の漆喰が写真でもわかるようにほとんどなくなって土が見えています。

トップコート劣化

2018.8.6

今回点検にお邪魔したのは3階建ての建物です。ベランダの床面の防水状態をみて心配になり連絡を頂きました。ご自身でいろいろ調べてチェックをしてみると劣化のようなものが見受けられたとの事です。

屋上防水劣化

2018.8.4

広めのビルの屋上です。現在はアスファルト防水が施工されています。約25年ほど前の施工のみで全体的なメンテナンスはこれまでなかったとの事でした。

シート防水劣化

2018.8.2

点検対象の建物は鉄骨造りで屋上のある陸屋根です。建物のデザインは非常に秀逸でザ・注文住宅という感じです。実はこの建物を中古で購入する前の点検です。現状有姿のようで買主がリフォームをします。

FRP防水劣化

2018.7.31

FRP防水のバルコニー点検にやってきました。お電話でのヒアリングはやや広めのバルコニー、形状が複雑、との事でした。点検を始めてわかりましたが、なるほど。珍しい形のバルコニーです。造りはデザイン性が高いと感じます。

漆喰・鉄筋棒劣化

2018.7.29

瓦屋根のメンテナンス周期は皆さんどれくらいでしょうか?一般的には10年くらいで一度「点検」を行ったほうが良いと思います。または台風や大雨の後などですね。30年からの瓦屋根の方は参考にしてください。

漆喰劣化

2018.7.27

暑い日が続きます。酷暑日ばかりです。そんな中お引き受けした漆喰工事や屋根の点検作業は続きます。今回も漆喰の劣化が進んでいる為工事ご希望です。屋根は切妻で棟違いの形です。

スレート劣化

2018.7.25

古瓦+カラーベストです。加えてトタンの外壁メンテナンスを行います。状態の確認のために屋根に登りましたが、何やら不安定です。