カラーベストのメンテナンス




b2b63f9f22a61d57604092823a9411b2-simple-overlay
スレート屋根の特徴としては『強くて軽い。施工性に優れている。』そして、屋根材自体の寿命が25年くらいということです。
耐熱性・防水性を維持するためには10年から15年毎に再塗装をすることが望ましいです。
このスレートの寿命とされる25年の間に2~3回の塗り替えが必要になってくるかと思いますが、その2~3回が塗装の限度となります。その後のメンテナンス方法は葺き替えやカバー工法になります。
定期点検は5年に1度行うのが望ましいとされています。
塗装をすれば10年くらいは大丈夫なんじゃないの?と思いますが、亀裂や割れが発生してしまったり、板金を留めてある釘が緩んでいないか確認をして、もし症状の発見をしたときに早めの対応をすることが重要になるのです。
このちょっことメンテナンスをしてあげると次の塗装時期までの安心度がアップしそうです。
メーカーさんによると、カラーベストの表面の色が薄くなったり、汚れが付いた場合でも外装材としての基本性能に問題はないとのことです。
でも、この汚れが付きっぱなしの上に苔などが発生してしまうと状況は変わってきてしまうかも入れませんね
できることならば汚れなどは雨で流れてほしいものですね
また10年ごとに部分補修を行い、美観上必要に応じて塗り替えを行うと良いということです。
655a999d520c64c1a17e2cfe15c26d72-simple-overlay
コスト面からしてみれば、できればメンテナンスの回数が少ないに越したことはないしと思ってしまうのが私・・・
ただ、メンテナンスの時期を先延ばしにしたがゆえに雨漏りしてしまったなんてことがあっては残念。
先のことを考えるのは大変ですねこうしておけば良かったのか?まだまだ大丈夫だったかも?!モヤモヤしますね。
なのでそんなとこは私ども『街の屋根やさん西三河店』にお気軽にご相談ください!時期の見極めのお手伝いいたします。最終的にメンテナンスをするのか?しないのか?決めるのはお客様です。
今の屋根や外壁の状況・補修すべき場所があるのか?どのような補修が望ましいのか?工事をするにあたりどんな選択肢があるのか無いのか?屋根をたくさん見てきた私どもだからこそできるアドバイスがあると思っております
『あ~迷っているな~』と思った時はまずは『街の屋根やさん西三河店』にご相談くださいね