オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根の各名称寄棟と筒と下り棟


screenshot.1-3-columns1
こんにちは、今回は寄棟(よせむね)の名称と、筒、下り棟の違いについてお話させていただきます。
こちらの写真は寄棟の写真ですが、地面と平行の棟は大棟または陸棟とも言います。
赤い矢印のは隅棟(すみむね)と呼び、切りずま屋根には隅棟はありません。

screenshot.3-1
こちらは、筒(つつ)の写真ですが、本入母屋(ほんいりもや)なので箕甲(みのこ)が落ちて居ますから袖瓦では無くて掛瓦(かけがわら)と言う役物瓦です。
筒は掛瓦側から1ほん2本と呼びますが本格的に言うと1本め利根丸と呼びます、掛瓦に隣接する平瓦の縦筋を利根地(とねじ)と呼ぶのでその接点を覆う為の筒なので利根丸なのです。
因みに2本目のつつを風切り丸とよびます。
screenshot.2-columns1
そしてこれが下り棟です。筒と似たような部分に施工されている事が多いので、よく解からない人、勘違いしている方がいらっしゃる様です。
大棟から軒に向かって通常の棟と同じく何段かの熨斗瓦も積んで有り先端には鬼瓦も施工してあります。
こちらも本入母屋で、矢印は掛瓦です。




屋根や壁のトラブルはお任せください。
無料点検致します。
お電話でのお問い合わせは9時~17時まで受け付けております。
0120-969-687
外装工事だけにかかわらず何でもご相談ください。
お待ちしております。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根葺き替え

屋根の葺き替え工事の続きから!!!前回は・・・屋根材の撤去工事から下地になるコンパネ張りまでご説明していきました。今回は続きからです!コンパネ張り工事が終わったら・・・

屋根点検

今回は安城市でスレート屋根の点検を行ってきました。スレート自体の主な劣化状態は・褪色(色褪せ)・屋根材の浮きや反り・屋根材の割れ等があります。スレート自体は元々防水機能は無く、塗膜が無い部分は水をどんどん吸い込んでしまいます。水を吸い込み、...........

S__5300237

東海市で屋根の雨漏りの依頼がありましたので、調査にお伺いしました。屋根は日本瓦です。建物を増築しており、継ぎ足した部分は、複雑な形状になっており、谷鈑金が施工してあります。谷部分に雨水が集まり、流れます。屋根にはたくさんの鈑金が使われていま...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん西三河店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-947-660