豊田市で板金屋根の棟替えをしました。


12620-columns1-overlay
こんにちは、今回の現場は、板金屋根の棟替え工事をさせて頂きました。
棟板金を外して見たら、中の笠木は、もうかすかすのボロボロで所々釘も効いていない状態でした。
近頃の天気は、急な大雨、急な強風、…強風が来たら一部口の開いた所から風を一気に受けて、他の部分もめくれやすくなっていると思われます、強風に飛ばされて二次災害なんて事にでも成ったら大変です、早急に直されるのが賢明な対処とおもわれます。
S__9863181-columns2-overlay
既存の棟板金を取り外し、中の笠木も撤去しました。
屋根地はまだいけそうです。
S__9863179-columns2-overlay
新しく入れる笠木の下に、止水の為のシーラーを施工します。
このシーラーをつぶすように、笠木を施工して行きます。
笠木と屋根地の隙間を埋めるためです。
S__9863177-columns2-overlay
先ほど、施工した、シーラーの上に、いつものように人工木の笠木を施工します。
この様にしておけば、近頃のまとまった大雨が来ても、雨が逆流することも有りません。
S__9863176-columns2-overlay
棟板金の取替工事が完了致しました。
これで、昨今の天気にも負けない屋根になれたと、思います。







屋根や壁のトラブルはお任せください。
無料点検致します。
お問い合わせは9時~17時まで受け付けております。
外装工事だけに関わらず何でもご相談ください。
お待ちしております。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

DSCN0292

こんにちは、今回の現場は、日進市で、某大学の道場の屋根瓦が偉い事に成って居た現場のお直しした時のものです。昔葺いた屋根には時々有りますが、平瓦の釘は一本も打っていませんでした、昔の土葺きからの勘違いでしょうか、目にする事がたまにあります。置...........

DSCF6881

こんにちは、今回の現場は、以前、刈谷市で、うつむき過ぎた鬼瓦を直し、漆喰の工事を完了の報告をした現場の続きです。後残すところ、谷板金の交換工事を残すのみ、となりました。ご覧の通り谷板金の、両脇の立ち上がりも無く、微かに折り返してあるだけです...........

DSCF6871

こんにちは、今回の現場は、鬼瓦が棟と離れてしまって、危ない状態に成って居る所と、漆喰の工事、そして、谷板金の交換の工事をさせて頂きました。本来鬼瓦は、下から見えるように少し下を向いているものですが、少々うつむき過ぎのようです。