豊田市で板金屋根の棟替えをしました。


12620-columns1-overlay
こんにちは、今回の現場は、板金屋根の棟替え工事をさせて頂きました。
棟板金を外して見たら、中の笠木は、もうかすかすのボロボロで所々釘も効いていない状態でした。
近頃の天気は、急な大雨、急な強風、…強風が来たら一部口の開いた所から風を一気に受けて、他の部分もめくれやすくなっていると思われます、強風に飛ばされて二次災害なんて事にでも成ったら大変です、早急に直されるのが賢明な対処とおもわれます。
S__9863181-columns2-overlay
既存の棟板金を取り外し、中の笠木も撤去しました。
屋根地はまだいけそうです。
S__9863179-columns2-overlay
新しく入れる笠木の下に、止水の為のシーラーを施工します。
このシーラーをつぶすように、笠木を施工して行きます。
笠木と屋根地の隙間を埋めるためです。
S__9863177-columns2-overlay
先ほど、施工した、シーラーの上に、いつものように人工木の笠木を施工します。
この様にしておけば、近頃のまとまった大雨が来ても、雨が逆流することも有りません。
S__9863176-columns2-overlay
棟板金の取替工事が完了致しました。
これで、昨今の天気にも負けない屋根になれたと、思います。







屋根や壁のトラブルはお任せください。
無料点検致します。
お問い合わせは9時~17時まで受け付けております。
外装工事だけに関わらず何でもご相談ください。
お待ちしております。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨樋腐食

雨樋からの水漏れ、しかも結構な量との事で点検に来ましたが地上からでも劣化がはっきりわかりました。細部点検の為はしごを登り、見てみるとジョイント部分が劣化・腐食しています。なぜこのようになるのか。接合部は接着剤で固定してあります。経年とともに...........

U瓦と瓦棒屋根

今回はスレートのU瓦などの屋根点検です。東西面が狭く足場の組み立てが困難そうです。点検の屋根面は南側にありました。手前の色が剥げている瓦がU瓦でその先に板金の瓦棒屋根があります。

谷板金雨漏れ

今回は室内から雨音が聞こえるとの事で瓦屋根の点検です。屋根に上がる前に室内の天井裏を確認したところ梁と垂木に雨染みが確認できました。屋根瓦はいぶし銀のきれいなものです。