オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

豊田市で引き続き板金屋根の劣化状態の点検に行ってきました。


瓦棒屋根劣化
前回に引き続き豊田市での点検が続きます。今も多い板金屋根ですが、現在は「ガルバリウム」が多く、昔は「鉄板」でした。カラー鋼板とも言いますがやはり鉄はサビます。表面保護の塗装も今に比べると非常に弱く、数年で褪せて錆びてきてしまう事もあります。
瓦棒屋根劣化
切妻屋根にもう一枚片流れの屋根が増築されてくっついています。この屋根は「瓦棒屋根」といい、縦に伸びている棒の中に芯木があります。今も多く見かける形ですね。
瓦棒屋根劣化
しかしながら経年劣化により塗装は御覧の通り剥離が進み錆が進行しています。芯木に被せている板金も劣化しているのでダメージが芯木まで達していることが確認できます。
瓦棒屋根劣化
板金表面も多くの部分がサビています。錆は進むと腐食を起こし、穴が開いてしまいます。そうなると下地もダメになってしまい雨漏れを起こしてしまいます。
瓦棒屋根劣化
片流れ屋根との間にある谷樋は何とか機能しているようです。詰まりは無く水が流れています。しかし同じ材質なのでやがてはサビてしまいます。屋根の上をはじめ、このような部分は普段お住まいの方はまず見る事がない部分です。雨漏れが起こって初めて気づく不具合になりかねません。
瓦棒屋根劣化
増築時の物でしょうか?もともとあったであろう雨樋が割れて金具もそのままでした。おそらく劣化により破損してしまったと思われますが・・・。
今回の板金屋根の点検でのご提案は、「頑張って何とか塗装」か「カバー工法による葺き替え」です。ご予算もあると思うので両提案でのメリット・デメリットを明確に示します。正直に言えば塗装前の下地調整に手間がかかり、すでに錆びた面に塗装するので塗膜効果は期待しづらいものになります。半面、カバー工事は予算が塗装よりかかることがデメリットです。しかし今後のメンテナンスはほとんどいらなくなるので恩恵は大きいでしょう。建物の築年数やお住まい方により希望されるリフォームも変わります。当社としてはご希望に対し柔軟に対応したいと考えます。特に屋根についてお悩みをお持ちの方は当社へ一度ご相談ください。点検・見積りは無料で行っております。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

S__62488578

今回は豊田市で瓦屋根の点検を行ってきました。お客様から雨漏りがしているので一度見て欲しいというご依頼を受けお伺いした所屋根に上がって見ると瓦が浮いている状態でした。強風によって浮いてしまった可能性が高く瓦が浮き、ズレている状態でいた為雨漏り...........

IMG_0501

今回はみよし市でモニエル瓦が使用されている屋根の点検に行ってきました。モニエル瓦は、陶器の瓦と違い塗装でのメンテナンスが必要になります。今は生産がされていない為割れてしまったりすると、同じものでの差替えが出来ない屋根材です。どの様な劣化状態...........

棟の積み直し

瓦の逆葺せが行われている屋根の葺せ直し工事と棟の積み直し工事が開始しました!!瓦とは・・・しっかりとした施工基準があります。この基準に沿っていないと、屋根からの雨漏り被害に繋がってしまいます。今回の工事は最初に、棟の積み直し工事からです!!

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん西三河店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-947-660