オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根外壁点検に行ってきました|豊田市


IMGP6719-columns2
豊田市で初めての塗装工事をご検討の方から屋根外壁診断依頼があり点検してきました。屋根はS瓦で大きな問題もなく棟下の漆喰も丈夫なままでした。
IMGP6721-columns2
雨樋も詰まり等なくOKです。瓦の色が多色なので汚れに見えた部分があり、塗ることはできるのかとお問い合わせがありましたが、基本的に瓦は塗装無しで大丈夫です。一応塗料もありますが、全く塗らなきゃいけない状態とは程遠い為、塗装無しで大丈夫です。
IMGP6716-columns2
屋根点検後に外壁を見てみると多色サイディングは日焼けもそこまでなく、少々の褪色が気になったくらいですが、目地のシーリングがほとんど傷んでいました。
IMGP6717-columns2
特に南面はスカスカの状態でした。破断してしまうと雨水が侵入するのであまり長い間放置しておきたくない劣化です。
IMGP6724-columns2
最後にベランダも確認しましたがこちらが一番劣化著しい部分でした。よくあるFRP防水のベランダです。仕上げにはトップコートが塗ってありますが各所剥がれが出ています。
IMGP6725-columns2
固い塗膜が剥離して下地が見えています。FRP自体弱いものではないのですぐに建物にダメージがあるわけではありませんが、剥離がどんどん進行してしまいます。
IMGP6728-columns2
このように塗膜が浮いてはがれ、どんどん拡大していきます。
IMGP6727-columns2
おっぷコートの厚みは写真で何となくわかるでしょうか?外壁のペンキよりも厚く見えませんか?乾燥するとパキパキと割れるような厚みになります。
ベランダの施工から考えるとただまた塗るだけでは不十分で同じことの繰り返しになってしまいます。古い塗膜を可能な限り人の手と工具を用いて剥がし取り、そのうえで新しく防水施工のし直しがこの状態では必要になります。浮いた部分に塗っても浮いたまま、という事です。屋根も基本的に足場がないと見れない箇所なので工事前の不安材料を一つでも除いておきたいという思いがあったようです。工事をしなければいけないのかそうでないのかの判断はお住まいの方では迷う事もあるかと思います。ご心配な方はお気軽に当社へお問い合わせ下さい。点検とお見積りは無料で行っております。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

S__5300237

東海市で屋根の雨漏りの依頼がありましたので、調査にお伺いしました。屋根は日本瓦です。建物を増築しており、継ぎ足した部分は、複雑な形状になっており、谷鈑金が施工してあります。谷部分に雨水が集まり、流れます。屋根にはたくさんの鈑金が使われていま...........

屋根葺き替え工事

屋根に大きな穴が!?下地補修を含めた屋根の葺き替え工事がスタートしました。今回のお問い合わせは・・・「雨漏りがかなりひどいからどうにかしたい」との事でした。雨漏りは経年劣化によってとても発生しやすいです。しかし、これを放置し続けてしまうと、...........

カバー工法

よくお勧めされるカバー工法(重ね葺き)ってなんなの?今回のお問い合わせは・・・「屋根材がパミールで塗装ができないけど、メンテナンスはしたい!!!」との事でした。パミールとは・・・一種のスレート材ですが、経年劣化が進行してしまうとミルフィーユ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん西三河店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-947-660