屋根のドーマ付近が雨漏れの原因?|豊田市


ドーマ雨漏れ
これがドーマです。屋根の上に室内でいう屋根裏部屋等がある部分です。今回のご相談は室内雨漏れの原因究明ですが、雨漏れ部分の真上にこのドーマがあります。
ドーマ雨漏れ
ドーマ自体も経年劣化していますが、袖板金などの役物の緩みもあり、どこからか雨水がくぐっているようです。また、左の写真を見てもわかるように屋根勾配がほとんどなく平らに近い状態です。風が吹いて雨が降ると屋根の上から水が流れ落ちないで留まる状態になってしまうので水が動いて漏水する事もあります。
ドーマ雨漏れ
ドーマの軒先です。雨水が入っている跡がはっきりと出ています。緩勾配とはいえやなり水は軒先の向かって流れていきます。ドーマの屋根面は横葺きの板金屋根ですがどうして水が入るのでしょう?
ドーマ雨漏れ
ドーマの両袖にあたる箇所の板金役物と屋根面との取り合いにある水切り等の雨仕舞がうまくいってない可能性があります。それぞれの屋根材の下に雨水を排出するような部材は入っているか・・・?現状では取付てある役物を外しての点検はできません。
ドーマ雨漏れ
ドーマ屋根の雨押え板金です。位置によっては隙間が開いていますが捨て水切りが屋根下にあり、水を逃がしていれば良いのですが・・。古い造りの場合に多いのですが、良くも悪くも造りが施工者オリジナルの場合が多くあります。分かり易く言えば現在の施工と違うやり方も多くあったという事です。
ドーマ雨漏れ
軒先を下からのぞき込むと袖板金の下地となる木材がありました、が、実はこれ、触れてみるとすでに腐っていました。屋根の両端から雨水が風に吹かれて押し込まれて下地や屋根材裏へ雨水がくぐっているのかもしれません。ルーフィングなどの下敷き材があるかも屋根材の上からはわかりません。
造ってあるものだと内部を確認するために必要なことは解体です。状況により一部解体で良いのか、全部解体なのかを判断する必要があります。室内の雨漏れの量、傷み具合の確認とともにお客様へのヒアリングで適切な提案は何かを考えます。今回のケースですと疑わしいのはドーマ付近ですが、屋根材も過去の塗装時に縁切りされていないので劣化した塗膜の隙間から入った雨水の出口がなく屋根裏へ伝っている可能性も考えられます。このように雨漏れの箇所、数、量やどのような雨の降り方で漏れるのかを総合的に考えながら提案を絞り込みます。梅雨を安心して乗り切れるよう、ご心配な方はお気軽に当社までお問い合わせください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

長い間・・・雨漏れが止まらなかったようです|刈谷市

工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
防水工事
使用素材
防水シート、カラーGL鋼板等
築年数
18年
建坪
25坪
保証
工事費用
40万円

同じ地域の施工事例

施工事例

豊田市でハイロールを使って棟の積み直し工事を行いました

20181020-6_181020_0022
257be8e15052a0772b0405892b70ae56
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
足場
火災保険
使用素材
ハイロール
築年数
築20年
建坪
40坪
保証
工事費用
80万円
施工事例

鳥の巣被害改善!棟工事|豊田市

鳥の巣撤去工事
鳥の巣撤去工事
工事内容
雪止め設置
その他の工事
使用素材
なんばん漆喰(黒)
築年数
25年
建坪
約30坪
保証
工事費用
25万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

谷板金雨漏れ

雨漏れ発生という事で点検にやってきました。日本瓦の屋根です。棟違いの長い大きな屋根です。こちらは寄棟の屋根です。瓦屋根の雨漏れは屋根形状で起こり易い場合があります。瓦の状態、葺き方、付帯部の損傷など原因も様々ですがひとつづつ細かく見ていきま...........

平板瓦谷板金雨漏り

今回も瓦屋根です。今年は特に雨漏り案件が多いと感じます。日本瓦に比べてこの平板瓦は雨漏りがしにくい形状と葺き方をしていると思いがちですが・・・。

瓦棒屋根雨漏れ

サッシ回りの雨漏れが止まらずに数年経過しています。過去に何社か点検に来たが、改善せずとの事でした。直上は板金屋根になっており、屋根の点検が必要です。