オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

豊田市で屋根の棟下漆喰を剥がしました


豊田市で築40年の今まで一度も瓦屋根の補修工事を行っていないお客様の依頼で、
今回初めて棟下部の漆喰が捲れて落ちてしまっていた事で屋根補修工事をさせて頂きました。
棟下漆喰①
桟瓦(さんがわら)と、のし瓦の取り合い部分で土(茶色)が見えています。本来は屋根工事後に左官屋さんが土の上に白い漆喰を塗りますが、経年劣化により漆喰が剥がれてしまい部分部分無い状況になっています。
棟下漆喰②
一枚の桟瓦(さんがわら)と、のし瓦の取り合い部をアップで撮影しました。全く漆喰が剥がれ落ちてしまっている状況が分かります。築40年で今まで一度も屋根の補修工事を行っていない状況です。施主様が実際屋根に登って漆喰の状況を確認する事は非常に難しいので、10年から15年に1度は専門の屋根工事屋さんに相談する事をお勧めします。この状況ですと、のし瓦を伝った雨水が土に流れその土が雨水を吸ってしまい雨漏れの原因になります。早急に漆喰工事を行う必要があります。
棟下 施工中①
わずかに残っている全ての漆喰をめくった状況です。合わせて下地の土も、仕上げの漆喰を塗りやすくする為に丁寧に削ります。ここで漆喰をめくる作業を行う事で、当時の左官屋さんの技術が伺えます。本来の漆喰は厚めの仕上げが好ましいですが、5mmの厚みも無い現場もあります。
棟下 施工中②
ここで重要な事は残っている全ての漆喰をめくる事です。狭い部分に漆喰が残っていたら、仕上げの漆喰が綺麗に仕上がらないのであらゆる道具を使って綺麗にめくります。
既存の漆喰を撤去して本日の工事は終わりました。

瓦自体は半永久的な物ですが、棟部分に使用されている漆喰は
定期的な補修が必要となってきます。

屋根の事で気になる事がありましたら
屋根専門工事業者の街の屋根やさんへお問い合わせください!!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

豊田市でハイロールを使って棟の積み直し工事を行いました

20181020-6_181020_0022
257be8e15052a0772b0405892b70ae56
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
足場
火災保険
使用素材
ハイロール
築年数
築20年
建坪
40坪
保証
工事費用
80万円
施工事例

長い間・・・雨漏れが止まらなかったようです|刈谷市

工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
防水工事
使用素材
防水シート、カラーGL鋼板等
築年数
18年
建坪
25坪
保証
工事費用
40万円

同じ地域の施工事例

施工事例

豊田市でハイロールを使って棟の積み直し工事を行いました

20181020-6_181020_0022
257be8e15052a0772b0405892b70ae56
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
足場
火災保険
使用素材
ハイロール
築年数
築20年
建坪
40坪
保証
工事費用
80万円
施工事例

鳥の巣被害改善!棟工事|豊田市

鳥の巣撤去工事
鳥の巣撤去工事
工事内容
雪止め設置
その他の工事
使用素材
なんばん漆喰(黒)
築年数
25年
建坪
約30坪
保証
工事費用
25万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟下漆喰

岡崎市にて棟からの雨漏りが発生中だった為、棟下の漆喰工事を行いました。雨漏りは、発生している箇所の真上から発生する事が多いです。しかし、柱や垂木を走って、部屋の奥や電線を通る事もあるので注意が必要です!!基本的に電線は保護ラバーで巻いてある...........

谷板金交換

みよし市にて谷板金の交換工事がスタートしました!!!谷板金とは・・・屋根の折り目部分に、雨の通り道を作る為に置かれる板金材です。この谷板金に昔は銅板が使われるのが一般的でした。しかし、銅板を使うと経年劣化によって、大きな穴が開いてしまいます...........

棟板金

刈谷市にて台風の被害によって飛散してしまった棟板金の状態を確認する為に、現地調査に行ってきました。棟板金とは・・・スレートや板金の屋根材の場合に屋根の山部分に雨の侵入を抑える為につけられる板金の事です!!この棟板金は、中に貫木という昔では木...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん西三河店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-947-660