オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

豊田市で経年の劣化によって塗膜が剥離してしまったスレート屋根


今回は豊田市でスレート屋根の点検を行ってきました。

年数が経っているという事でかなり劣化が進行し
表面の塗膜が剥離している状態でした。

塗膜が剥離する事によって
屋根材が水を吸い込み乾燥しまた吸い込む事を繰り返す事によって
屋根材の浮きやそり、割れに繋がり最悪の場合
雨漏りに繋がってくる可能性もあります。

その為、このスレート屋根は定期的なメンテナンスが必要になり
その目安は10年です!!!!
IMG_3218-columns2
IMG_3219-columns2
早速屋根に上がって点検して行くと
この様な状態でした。

元々は黒色のスレートでしたが
褪色・剥離によりスレートの素地が露出していました。

素地に水が当たると弾く事は無く
どんどん吸い込んでしまいます。

その状態を放置しておくと劣化の進行が早まってしまいます。
IMG_3217-columns2
IMG_3219-columns2
また塗膜の劣化が進行してくると
コケやカビ、藻が付着してきます。

特に日の当たりにくい北側によく付着しますが
コケやカビの付着は美観を損ねるだけではなく
屋根材自体を痛めてしまう原因にも繋がってくるので要注意です。

メンテナンスする際、高圧洗浄といって圧の強い物で
洗っていくと綺麗に落ちいきます。
IMG_3220-columns1
劣化が進行している箇所でこの様に角が欠けてしまっている
箇所も数ヵ所ありました。

屋根材自体がダメになっているので塗装しても元に戻る事はありません。

塗装工事は今ある屋根材に塗装していく為
素材自体が悪いと本来期待できる耐久年数を待たずに
不具合が出てきてしまう可能性があります。

工事をする前にしっかりと点検してもらいましょう!
IMG_3222-1-columns2
IMG_3224-1-columns2
雨樋もメンテナンスが必要な部位です。

今回は勾配(角度)不良や変形による
ゴミ等の詰まりや溜まりはありませんでしたが
雨樋も永久物ではありません。

交換する際は足場が必要になってしまうので
外壁塗装等の足場を組む際に一緒に工事する事をお勧めします。

【スレート屋根のメンテナンス方法】

スレート屋根には三種類のメンテナンス方法があり
工法、工事期間、費用等それぞれです。

①既存の屋根材を撤去し新しい屋根材を葺いていく
・葺き替え工事

②既存の屋根材の上から新しい屋根材を葺いていく
・重ね葺き工事(カバー工法)

③既存の屋根材へ塗装していく
・塗装工事

この三種類があります。

工法等が違うのでそれぞれメリット・デメリットがあります。

同じ地域の施工事例

施工事例

豊田市でハイロールを使って棟の積み直し工事を行いました

20181020-6_181020_0022
257be8e15052a0772b0405892b70ae56
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
足場
火災保険
使用素材
ハイロール
築年数
築20年
建坪
40坪
保証
工事費用
80万円
施工事例

鳥の巣被害改善!棟工事|豊田市

鳥の巣撤去工事
鳥の巣撤去工事
工事内容
雪止め設置
その他の工事
使用素材
なんばん漆喰(黒)
築年数
25年
建坪
約30坪
保証
工事費用
25万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

S__62488578

今回は豊田市で瓦屋根の点検を行ってきました。お客様から雨漏りがしているので一度見て欲しいというご依頼を受けお伺いした所屋根に上がって見ると瓦が浮いている状態でした。強風によって浮いてしまった可能性が高く瓦が浮き、ズレている状態でいた為雨漏り...........

IMG_0501

今回はみよし市でモニエル瓦が使用されている屋根の点検に行ってきました。モニエル瓦は、陶器の瓦と違い塗装でのメンテナンスが必要になります。今は生産がされていない為割れてしまったりすると、同じものでの差替えが出来ない屋根材です。どの様な劣化状態...........

棟の積み直し

瓦の逆葺せが行われている屋根の葺せ直し工事と棟の積み直し工事が開始しました!!瓦とは・・・しっかりとした施工基準があります。この基準に沿っていないと、屋根からの雨漏り被害に繋がってしまいます。今回の工事は最初に、棟の積み直し工事からです!!

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん西三河店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-947-660