豊田市で築12年で色褪せ・目地の切れ等の不具合が発生した外壁点検


今回は豊田市でサイディングを使用した外壁の点検に行ってきました。

サイディングとは窯業系と金属系の二種類があり
今回のお家で使用されていたのは窯業系になります。

窯業系のサイディングは、今建てている家の約8割が
使用されているといわれるぐらい多く使用されている外壁材です。

サイディング自体は防水機能は無く
水をどんどん吸い込んでしまう為、上にしてある防水が守ってくれています。

ですのでその塗膜が劣化する事により
サイディングが水を含み、乾燥を繰り返すことによって
浮きや反り、最悪の場合割れに繋がってきます。
IMG_7654-columns2-overlay
IMG_7653-columns2-overlay
二つの写真見た目は全然違いますがどちらもサイディングです。

今のサイディングは木目調やタイル調等
柄も凹凸も色々な種類がありますが劣化状態はどれもほとんど変わりません!

一番よく聞く劣化状態は「チョーキング」です。

皆様、チョーキングって聞いた事はありますか???

チョーキングとは外壁を触ると手に
チョークの粉の様な物が付く事を言います。

何故、チョーキングは発生するのか・・・

先程言った様に塗膜の一番の劣化原因は「紫外線」です。

紫外線が外壁に当たる事によって塗膜が破壊され
分解される事によって発生します。

このチョーキングは塗装の時期に来たという
一番わかりやすサインです。

皆様も一度自分のお家で試してみてください!!
IMG_7648-columns2-overlay
IMG_7655-columns2-overlay
サイディングの繋ぎ目の部分には目地という部位があり
目地にはコーキングで雨が侵入しない様施工されてることがほとんどです。

その目地やサッシの回りのコーキングが
年数が経ってくるとひび割れてしまったり切れてきてしまいます。

早いお家ですと新築から6~7年で切れてしまうお家もあります。

そのコーキングを補修せずそのまま塗ってしまっても
切れ等は直りません!!

しっかりと補修してから塗装しましょう。

同じ地域の施工事例

施工事例

豊田市でハイロールを使って棟の積み直し工事を行いました

20181020-6_181020_0022
257be8e15052a0772b0405892b70ae56
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
足場
火災保険
使用素材
ハイロール
築年数
築20年
建坪
40坪
保証
工事費用
80万円
施工事例

鳥の巣被害改善!棟工事|豊田市

鳥の巣撤去工事
鳥の巣撤去工事
工事内容
雪止め設置
その他の工事
使用素材
なんばん漆喰(黒)
築年数
25年
建坪
約30坪
保証
工事費用
25万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_7780

今回は岡崎市で外壁の点検に行ってきました。外壁材も色々な種類がありそれぞれ特徴があり、劣化状態やメンテナンス方法も変わってくる為メンテナンス前の点検が重要になってきます。種類がある中でも今回使用されていた外壁材はサイディングでした。今建てら...........

IMG_7748

今回は岡崎市で瓦屋根の点検を行ってきました。瓦自体は焼き物ですので割れたりしなければ基本的にはメンテナンスは必要ありません。割れたとしてもその部分、1枚1枚の差替えが可能です。ですが屋根の「棟」という部位の下に詰めてある【漆喰】のメンテナン...........

IMG_8149

今回は豊田市で瓦屋根の点検を行ってきました。瓦自体は焼き物ですので割れたりしない限り基本的にはメンテナンスは必要ないのですが屋根の頂上にある棟という部位に瓦が積んでありその釘が経年の劣化により浮いてしまった為点検してきました。釘の浮きを放置...........