板金屋根のサビ放置していませんか?豊田市

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/16更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

今回は豊田市で折半屋根の点検を行ってきました。

折半屋根とは主に工場等に使用されている
ギザギザとした形の屋根になります。

屋根材自体は板金なので長い間放置しておくと
サビが発生してしまいます。

1度サビが発生してしまうと
そこから自然に直る事はなく
どんどん広がっていきます。

最悪の場合、錆びた場所から穴が開いてしまうと
雨漏りの原因になるので要注意です!!!
折半屋根 サビ 腐食
折半屋根 サビ 腐食
折半屋根とはこの様な形の屋根になります。

素材はトタン屋根の方も同じなので
トタン屋根の方も是非読んでいってください!!

実際に上がって見ると
かなりサビが広がっておりとても危険な状態でした。。。

ここまでサビが進行していると
塗装だけでは本来の耐久年数は期待できません。

上から新しい屋根材を被せるか
新しい屋根材に交換をお勧めします!

もしどうしても塗装でのメンテナンスをお考えの方は
サビを固める塗料もありますのでご相談ください!!!
折半屋根 サビ 腐食
折半屋根 サビ 腐食
また先端や笠木の部分も劣化が進行していました。

折半屋根は止めているビスにサビがあると
そこから雨が侵入してしまう可能性があります。

そういった部分も気を付けて見ていきます!


板金屋根の1番の特徴はとにかく軽いことです。

1坪あたり25㎏程しかなく耐震性等に優れており
また施工する際も比較的お安く済ませることができます。

ですがメリットだけではなく
暑さや雨の音が室内に伝わりというデメリットがあります。

あとは海が近いお家の方は潮に弱いので
サビやすいこともあります。

ですが今は板金屋根も進化し
断熱材入りの物や雨音を分散させてくれる屋根材も出てきています。

気になった方は街の屋根やさん西三河店にご相談ください!!

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

漆喰・鉄筋棒劣化

瓦屋根のメンテナンス周期は皆さんどれくらいでしょうか?一般的には10年くらいで一度「点検」を行ったほうが良いと思います。または台風や大雨の後などですね。30年からの瓦屋根の方は参考にしてください。

古瓦の劣化

今回は古瓦の改修工事依頼です。点検にやってきてお伺いしましたがこれまでは隣家が並んで建っていたが今回更地になったので・・・。との事でしたが、隣家との隙間がなくほぼぴったりくっついて建っていたそうです。その為工事ができずにおられたようです。

漆喰劣化

屋根の上です。寄棟ですね。漆喰が施工してあります。お客様からの電話では「漆喰がふってくるの」という表現をされていました。古くなった漆喰は剥離するのでその欠片が良く落ちてきたり屋根の上に転がっています。雨樋にも入りますが、勾配によっては地上ま...........