瓦屋根でも漆喰のメンテナンスを!!!豊田市

【台風21号で被災された方の安全と一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます】
  台風21号が西日本に甚大な被害を与え日本列島を通過しました。
関西地方を中心に各地で記録的な暴風による停電被害、事故、交通の乱れ、住まいの破壊など大きな混乱が生じ、現在でもその爪痕が残った状態となっております。台風による被害を受けた方、受けたかも知れない方は街の屋根やさんにご相談ください。点検はもちろん可能な限り応急処置にもその場で対応いたします。
現在大変多くのお客様よりお問合せを頂いており、順番に対応をさせていたただいております。
皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

豊田市で屋根の点検を行ってきました。

今回使用されていた屋根材は「瓦」でした。

瓦自体、焼き物なので基本メンテナンスが必要ありません。

ですが棟下等の漆喰はメンテナンスが必要です。

漆喰の劣化を放置しておくと
漆喰自体が剥がれてきたりし雨漏りの原因に繋がってきます
屋根 漆喰 瓦 剥離 劣化
屋根 漆喰 瓦 剥離 劣化
早速屋根に上がって見ると・・・

どこに漆喰が使われているかわかりますか???

棟の下にある白い物が「漆喰」です!!!

漆喰の劣化を放置しておくと雨漏りに繋がってくるだけではなく
この棟のズレにも繋がってくる可能性があります

まだ剥離している箇所はありませんでした
屋根 漆喰 瓦 剥離 劣化
屋根 漆喰 瓦 剥離 劣化
近くで見てみると・・・

少し黒くなっている箇所がありました。

これは雨水が侵入している可能性があります

まだ雨漏りはしていないみたいですが
雨漏りしてしまう可能性はあります・・・

また鬼瓦の部分の漆喰も剥がれていました

鬼瓦は棟の中から番線で引っ張ているので
すぐ落ちてくることはないのですが細い線だけでは不安です

下に車や人がいたら大変危険です

今回は・・・

年数が経ってくると漆喰は当然劣化が進行します

雨が侵入してきてからでは遅いです!!!

まだ剥がれていないからっと思う方が多いと思いますが

綺麗で丈夫な屋根を守るためには
定期的なメンテナンス・点検が必要です

屋根など高い場所を自分で上がるのは難しいと思います

ですので屋根の事で不安や疑問がある方はまず

街の屋根やさん西三河店にご連絡ください!!!

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

漆喰・鉄筋棒劣化

瓦屋根のメンテナンス周期は皆さんどれくらいでしょうか?一般的には10年くらいで一度「点検」を行ったほうが良いと思います。または台風や大雨の後などですね。30年からの瓦屋根の方は参考にしてください。

古瓦の劣化

今回は古瓦の改修工事依頼です。点検にやってきてお伺いしましたがこれまでは隣家が並んで建っていたが今回更地になったので・・・。との事でしたが、隣家との隙間がなくほぼぴったりくっついて建っていたそうです。その為工事ができずにおられたようです。

折半屋根 サビ 腐食

今回は豊田市で折半屋根の点検を行ってきました。折半屋根とは主に工場等に使用されているギザギザとした形の屋根になります。屋根材自体は板金なので長い間放置しておくとサビが発生してしまいます。1度サビが発生してしまうとそこから自然に直る事はなくど...........