瓦屋根でも漆喰のメンテナンスを!!!豊田市

【台風21号、台風24号で被災された方へ12/8更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順次対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

豊田市で屋根の点検を行ってきました。

今回使用されていた屋根材は「瓦」でした。

瓦自体、焼き物なので基本メンテナンスが必要ありません。

ですが棟下等の漆喰はメンテナンスが必要です。

漆喰の劣化を放置しておくと
漆喰自体が剥がれてきたりし雨漏りの原因に繋がってきます
屋根 漆喰 瓦 剥離 劣化
屋根 漆喰 瓦 剥離 劣化
早速屋根に上がって見ると・・・

どこに漆喰が使われているかわかりますか???

棟の下にある白い物が「漆喰」です!!!

漆喰の劣化を放置しておくと雨漏りに繋がってくるだけではなく
この棟のズレにも繋がってくる可能性があります

まだ剥離している箇所はありませんでした
屋根 漆喰 瓦 剥離 劣化
屋根 漆喰 瓦 剥離 劣化
近くで見てみると・・・

少し黒くなっている箇所がありました。

これは雨水が侵入している可能性があります

まだ雨漏りはしていないみたいですが
雨漏りしてしまう可能性はあります・・・

また鬼瓦の部分の漆喰も剥がれていました

鬼瓦は棟の中から番線で引っ張ているので
すぐ落ちてくることはないのですが細い線だけでは不安です

下に車や人がいたら大変危険です

今回は・・・

年数が経ってくると漆喰は当然劣化が進行します

雨が侵入してきてからでは遅いです!!!

まだ剥がれていないからっと思う方が多いと思いますが

綺麗で丈夫な屋根を守るためには
定期的なメンテナンス・点検が必要です

屋根など高い場所を自分で上がるのは難しいと思います

ですので屋根の事で不安や疑問がある方はまず

街の屋根やさん西三河店にご連絡ください!!!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

鳥の巣被害改善!棟工事|豊田市

鳥の巣撤去工事
鳥の巣撤去工事
工事内容
雪止め設置
その他の工事
使用素材
なんばん漆喰(黒)
築年数
25年
建坪
約30坪
保証
工事費用
25万円

同じ地域の施工事例

施工事例

鳥の巣被害改善!棟工事|豊田市

鳥の巣撤去工事
鳥の巣撤去工事
工事内容
雪止め設置
その他の工事
使用素材
なんばん漆喰(黒)
築年数
25年
建坪
約30坪
保証
工事費用
25万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

軒天水漏れ

軒天の水漏れによる穴あき、との事でてんけんに行ってきました。台風の時だったので被害拡大を恐れ応急の施工をご主人さまが行った後でした。しかし屋根の状況は登れない為変わっていません。

鳥の巣被害

今回は鳥の巣を瓦の中に作られて困っているという相談から点検にやってきました。ご覧のように一見何の不具合もなく葺いてある屋根です。

漆喰・鉄筋棒劣化

瓦屋根のメンテナンス周期は皆さんどれくらいでしょうか?一般的には10年くらいで一度「点検」を行ったほうが良いと思います。または台風や大雨の後などですね。30年からの瓦屋根の方は参考にしてください。