漆喰の剥がれ?劣化?豊田市

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

今回は豊田市で瓦屋根の点検を行ってきました

瓦は焼き物ですのでメンテナンスがほとんどいりません

ですが漆喰のメンテナンスは行わなければいけません。

そもそも皆さん漆喰て知っていますか???


よく聞くけど実はよく知らないという方がほとんどだと思います

漆喰とは・・・

日本特有の塗り壁材です。消石灰に砂・海藻のり・すさを混合して。

水で練ったもので壁や天井の仕上げとして使われてきました。

それを棟下や軒先の雀口に使用しています。

屋根瓦 屋根点検 漆喰 剥がれ
屋根瓦 屋根点検 漆喰 剥がれ
早速屋根に上がっていきます

漆喰を見ていくと・・・
かなり劣化が進行し剥がれている箇所もありました

漆喰に剥がれがあったからと言ってすぐ雨漏り!!
というわけではありませんが

この中には土が入っています。

土は水を吸ってしまうのでどんどん侵入してきます

また土が流れ棟のズレ等に繋がってきますので要注意です
屋根瓦 屋根点検 漆喰 剥がれ
屋根瓦 屋根点検 漆喰 剥がれ
鬼瓦にも漆喰が使用されています。

ひどい箇所は全く漆喰がないという状態でした

鬼瓦は棟の中から線で引っ張ているので
すぐ落ちてくることはありませんが心配です・・・

今回は・・・

瓦自体に浮きやズレ、割れはありませんでしたが
漆喰の剥がれがありましたので漆喰の補修をお勧めしました

こういった細かな部分のメンテナンスを怠らなければ
瓦屋根は半永久的に家を守ってくれます

地震等であまりイメージがよくないかもしれませんが
屋根材自体は断熱や遮熱に優れているのでいい屋根材です!

ですのでしっかりメンテナンスし綺麗な家を保ちましょう

屋根の事でお困りでしたら街の屋根やさん西三河店にご相談ください!!

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

漆喰・鉄筋棒劣化

瓦屋根のメンテナンス周期は皆さんどれくらいでしょうか?一般的には10年くらいで一度「点検」を行ったほうが良いと思います。または台風や大雨の後などですね。30年からの瓦屋根の方は参考にしてください。

古瓦の劣化

今回は古瓦の改修工事依頼です。点検にやってきてお伺いしましたがこれまでは隣家が並んで建っていたが今回更地になったので・・・。との事でしたが、隣家との隙間がなくほぼぴったりくっついて建っていたそうです。その為工事ができずにおられたようです。

折半屋根 サビ 腐食

今回は豊田市で折半屋根の点検を行ってきました。折半屋根とは主に工場等に使用されているギザギザとした形の屋根になります。屋根材自体は板金なので長い間放置しておくとサビが発生してしまいます。1度サビが発生してしまうとそこから自然に直る事はなくど...........