オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

棟板金の交換工事|豊田市


今回は豊田市で棟板金の交換工事を行ってきました。

スレート屋根には屋根の頂上にある「棟」と呼ばれる部位に
板金が被せてあります。

その下には木で下地が作られており
その木に釘で板金が止めてあります。

今回の被害で板金が飛散してしまった
原因がこの下地の腐食が多数を占めました。

それでは工事の様子をお伝えしていきます!
棟板金 台風被害
こちらが工事前の写真です。

板金はサビ、下地の木も所々飛んでしまっています。
下地の木は年数が経つと雨水等の侵入により
腐ってしまう可能性があります。

腐ってしまうとそこに釘だけで止めているので
釘が利かなくなれば当然板金は風等で飛散してしまいます。

ですので今回は下地から交換する工事を行いました。
棟板金 台風被害
棟板金 台風被害
まずは既設の板金、木を撤去していきます。

その後に下地を作るのですが
今回は「人工木」を使用して施工しました。

人工木とは樹脂製のもので腐らない材料です。

木より費用は掛かってしまいますが
止める材料も釘ではなくビスを使用する為
風等で飛散しにくくなります。
棟板金 台風被害
棟板金 台風被害
最後に新しい板金を取り付ければ完成です。

この板金もガルバリウム鋼板といい昔の材料に比べると
錆びにくく耐久性も長い材料になります。

棟板金の交換は飛散してしまった後だけではなく
塗装する際下地まで点検し、傷んでいたり腐食していたら
交換してから塗装することをお勧めします。

ご自分の家の屋根がご心配な方は
街の屋根やさん西三河店にご相談ください!

点検・お見積りまでは無料です!!!

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

8187-1

今回は岡崎市で棟板金交換工事を行ってきました。最近は強風の時も多くこの様な被害がでてきています。棟板金の下には貫板という木が打ってありその木に釘で板金を留めています。年数が経ってくると建物の揺れによって釘が浮いてきたり雨水の侵入でその木を腐...........

DSCF6554

今回は岡崎市で棟板金の取替工事え行いました。強風によって飛散してしまった棟板金ですが新しく板金だけ交換しただけで今後大丈夫でしょうか・・・???下地がダメになってしまっていないでしょうか・・・???

棟板金新設

台風で起きてしまった雨漏れから家を守る為に屋根修理をお考え中のお客様のご自宅を点検しました!!今回のお問い合わせの内容は・・・「去年の台風からちょっとずつ雨漏れが出てきたので一度確認してほしい」との事でした。近年、異常気象が発生する事があり...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん西三河店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-947-660