瓦棒屋根から雨漏れ発生|豊明市


瓦棒屋根雨漏れ
サッシ回りの雨漏れが止まらずに数年経過しています。過去に何社か点検に来たが、改善せずとの事でした。直上は板金屋根になっており、屋根の点検が必要です。
瓦棒屋根雨漏れ
サッシ面の天井も漏れているようです。室内の壁も湿っており歪んでしまっています。雨のたびに水受けを置き、時間を見て水を捨て・・の繰り返しのようです。
瓦棒屋根雨漏れ
屋根点検です。瓦棒屋根の周りに壁が立っています。これをパラペットと言い、外見は外壁が立っているように見えるのでこの位置まで来ないと屋根は見る事ができません。年数も経っているようですが、過去の業者さんの点検時にもほとんど補修の手は入っていないようでした。
瓦棒屋根雨漏れ
各部位に板金があり、加工されて接続されています。継ぎ目のコーキングなども劣化して切れや隙間が各所にあります。
瓦棒屋根雨漏れ
瓦棒屋根軒先には、パラペット形状でなければ普通の雨樋(軒樋)がついていますが、箱樋が作ってあります。壁を貫通させ竪樋に水を流しています。継ぎ目のコーキングはやはり劣化していますがここから漏水するくらいで室内の天井はそこまでダメージは受けないはずです。
瓦棒屋根雨漏れ
箱樋を見ると幅は十分ですがとても「浅い」のです。この浅さがネックになっています。軒先の裏側をのぞき込むとやはり、と思いました。
箱樋がオーバーフローすれば屋根裏へ水が入ってしまいます。
室内の漏水箇所の真上が最後の写真にあった箱樋付近でした。ほぼ間違いなく水がくぐっています。近い原因が分かりお客様も一安心されていましたが、今後はどのような改修方法があるか、という事になります。普通の葺き替えやカバー工事ではこの状態は改善できません。パラペットの内壁のトタンなどもめくり、「浅くない箱樋」を設置したうえで板金屋根を交換します。箱樋の深さを変えるとなればもともと貫通させていた穴も高さが違うので塞いでしまい、新しく外壁に穴をあけなければなりません。樋の接続変更、箱樋作成、屋根下地からの交換、葺き替え等・・。現場で詳しく見ると色々とはっきりわかります。なかなか自身では見れない屋根です。気になる方は点検・見積り無料で行っておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

ルーガ鉄平/屋根葺き替え工事の事例紹介/刈谷市屋根業者

モニエル瓦
ROOGA鉄平
工事内容
屋根葺き替え
部分塗装
使用素材
KMEW ROOGA鉄平(ストーン・シルバー)
築年数
築20年
建坪
52坪
保証
10年間
工事費用
290万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

89dca641488b90eef19a1d04658777aa

今回は岡崎市で屋根の葺き替え工事を行ってきました。葺き替え工事とは・・・今ある屋根材を撤去し新しい屋根材を葺いていく工法です。屋根材が古くなってきてしまった、ズレや割れが気になる屋根の重さが気になるという方にお勧めです!!!点検・見積もり無...........

古瓦雨漏れ

今回は刈谷市のとある店舗さんの屋根点検です。なんと築90年という老舗ですが、やはり建物の老朽化は進んでしまうものです。幾度となくメンテナンスを繰り返してきましたが、今回の台風で水漏れが相当量あったようです。

スレート劣化

古瓦+カラーベストです。加えてトタンの外壁メンテナンスを行います。状態の確認のために屋根に登りましたが、何やら不安定です。