室内から雨音が・・|豊明市


谷板金雨漏れ
今回は室内から雨音が聞こえるとの事で瓦屋根の点検です。屋根に上がる前に室内の天井裏を確認したところ梁と垂木に雨染みが確認できました。屋根瓦はいぶし銀のきれいなものです。
谷板金雨漏れ
屋根の形状が少し複雑で高さ違い、谷部分も多く点検をもれなく行っていきます。瓦自体は問題ないケースがほとんどでこちらも同様でした。やはり付帯部分の高さ違いの継ぎ目や谷板金が漏水の原因となることが多いですね。
谷板金雨漏れ
谷板金は銅でできています。これまでたくさんブログでも触れてきましたが、今の新築や改修時はステンレスやガルバリウム鋼板を使います。銅は柔らかく、長年雨が当たると変色から穴あきを起こします。
谷板金雨漏れ
長い谷、短い谷といくつかあります。すべてが銅製で同じような劣化状態でした。
谷板金雨漏れ
じっくり見ていくとありました。穴あき部分です。茶色く変色した部分に瓦からの雨が流れ落ちますが次第に薄くなりいつの間にか穴が開き、広がっていきます。小指の先が入るほどの大きさですが水は普通に入ってしまいます。
谷板金雨漏れ
同じ谷板金に複数個所穴が開いています。そしてその真下から軒先へ下っていくと室内の雨音箇所にピタリでした。木造なのでまだ雨染みや漏れ箇所が分かり易かったのだと思います。鉄骨ですとどこまでも流れていくので雨漏れの特定が難しい場合も少なくありません。
屋根全体で谷部分が6か所ありました。すべてが銅製で同じ時間が経過しています。点検をする人によっては穴は開いていないから大丈夫という方もいます。実際に変色部分を触ってみたり、間近で点検すると穴あき前の亀裂も発見できます。谷板金などは普通自宅では確認不可能な場所です。家の中で雨音という今回のケースは残念ながら2次被害で発見という事になります。穴が開いていない銅製の谷板金でも経過年数によっては全交換の提案も当社では行っています。材料の特徴と起こり得る被害の説明をもちろんしっかり行います。谷部分があるそれなりの築年数の屋根が気になる方はお気軽にお問い合わせください。建物の図面に仕様書(仕上げ表)などがある場合はご自宅でも材料を確認できます。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

豊田市でハイロールを使って棟の積み直し工事を行いました

20181020-6_181020_0022
257be8e15052a0772b0405892b70ae56
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
足場
火災保険
使用素材
ハイロール
築年数
築20年
建坪
40坪
保証
工事費用
80万円
施工事例

長い間・・・雨漏れが止まらなかったようです|刈谷市

工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
防水工事
使用素材
防水シート、カラーGL鋼板等
築年数
18年
建坪
25坪
保証
工事費用
40万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

f0861b135e2480938d528f99e8677c33

今回は刈谷市で飛散してしまったスレート屋根の補修を行ってきました。スレート屋根は瓦に比べるとカラーバリエーションが豊富で費用も安く、施工も早く行うことができます。ですが強度が劣る為、台風等の強い風の時に割れやすく飛散してしまう可能性がありま...........

IMG_0584

豊田市で強風により浮いてしまった笠木の板金を下地を人工木、笠木をガルバリウム鋼板に交換する工事を行いました。年数が経ってくると板金を留めている釘が建物の揺れ等によって浮いてきてしまう事があります。一度浮いた釘、開いてしまった釘穴は放置してお...........

20181020-4_181020_0003

碧南市のお客様より「漆喰が剥がれてきている」「今、外壁の工事中なんだけど、外壁の工事屋さんが、うちの屋根を見ておかしいと言われた」「このまま放っておくと雨漏りが心配だから見てほしい」という屋根の調査依頼がありましたので、屋根の現地確認にお伺...........