スレートU瓦 ご存知ですか?|豊明市


U瓦と瓦棒屋根
今回はスレートのU瓦などの屋根点検です。東西面が狭く足場の組み立てが困難そうです。点検の屋根面は南側にありました。手前の色が剥げている瓦がU瓦でその先に板金の瓦棒屋根があります。
U瓦と瓦棒屋根
瓦棒屋根の軒先部分は箱樋になっています。が、水が常時溜まっています。箱樋の幅と落とし口の詰まりが確認できました。しかし大雨の際はこの狭い箱樋がオーバーフローしないか心配です。ゲリラ豪雨も近年多いですしね。屋根の勾配も緩いので水があふれると板金の裏へ回り込んでしまう可能性があります。
U瓦と瓦棒屋根
そしてU瓦です。メーカー品ですがなかなかの曲者です。材質がカラーベストと同じなので褪色や塗膜劣化が多くないうちは塗装も可能ですがこの瓦の形が正常で問題ない場合に限ります。
U瓦と瓦棒屋根
このような状態になることが非常に多く見受けられます。割れてしまうんです。点検の際にも割れが起こることがあるので踏む位置を注意深く見ながら点検をします。
U瓦と瓦棒屋根
懸命にタッチアップ塗装やコーキング補修を試みても次第に劣化が増えていき追っかけ作業となってしまいます。元々カラーベストに重ね葺きをしてあるケースが多く、せっかく屋根をカバーしたのに、という声も多く聞きます。
U瓦と瓦棒屋根
塗装が剥げた部分は水を吸い易くひび割れも起こし易くなってしまいます。最低限、割れが無ければ塗装が可能です。しかし剥離や割れが多いとせっかく塗装しても仕上がりは満足のいくものになりません。
今回はこのU瓦を交換したいという要望もあり、一度屋根をめくっての改修工事になりそうです。次の屋根は耐久性もあり、軽量の板金屋根がお勧めです。併せて既存の板金屋根も同色に塗装し、箱樋も改修すれば不安の無い屋根に変わるはずです。いかがでしょうか?まだまだこのU瓦は多く見かけますが状態が芳しくない方は当社へお気軽にお問い合わせください。点検とお見積りは無料で行っております。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

豊田市でハイロールを使って棟の積み直し工事を行いました

20181020-6_181020_0022
257be8e15052a0772b0405892b70ae56
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
足場
火災保険
使用素材
ハイロール
築年数
築20年
建坪
40坪
保証
工事費用
80万円
施工事例

長い間・・・雨漏れが止まらなかったようです|刈谷市

工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
防水工事
使用素材
防水シート、カラーGL鋼板等
築年数
18年
建坪
25坪
保証
工事費用
40万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

f0861b135e2480938d528f99e8677c33

今回は刈谷市で飛散してしまったスレート屋根の補修を行ってきました。スレート屋根は瓦に比べるとカラーバリエーションが豊富で費用も安く、施工も早く行うことができます。ですが強度が劣る為、台風等の強い風の時に割れやすく飛散してしまう可能性がありま...........

IMG_0584

豊田市で強風により浮いてしまった笠木の板金を下地を人工木、笠木をガルバリウム鋼板に交換する工事を行いました。年数が経ってくると板金を留めている釘が建物の揺れ等によって浮いてきてしまう事があります。一度浮いた釘、開いてしまった釘穴は放置してお...........

20181020-4_181020_0003

碧南市のお客様より「漆喰が剥がれてきている」「今、外壁の工事中なんだけど、外壁の工事屋さんが、うちの屋根を見ておかしいと言われた」「このまま放っておくと雨漏りが心配だから見てほしい」という屋根の調査依頼がありましたので、屋根の現地確認にお伺...........