豊明市でカーポートの屋根が飛ばされて・・・

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

カーポート台風被害
今回は豊明市のカーポート案件です。台風被害により屋根が1枚飛ばされてしまいました。御覧のようにオーダーメイドの立派なカーポートです。実際には年数もある程度経っており。経年なりの劣化は出ているもののメンテナンスをすれば問題ない造りです。
カーポート台風被害
飛ばされてしまった屋根の位置が建物側だったので幸いでした。道路側の屋根であれば運悪く車両や人に当たってしまう可能性もあります。
カーポート台風被害
少し大きめのポリカで屋根は納めてありました。一枚の板が大きいという事は受ける風圧も大きく、捲れ飛ぶ時も大きな力が発生します。その為構成されている部材にも変形や破損が見られました。
カーポート台風被害
一部の変形でも直して使えるかというとそうではありません。このようなアルミや板金だと曲げ戻しても歪んでしまう事がほとんどです。また強度的にも不安が残ります。
カーポート台風被害
ポリカの板を押さえる4方の枠とポリカ本体の一部はビス止めでした。今回はそのビスごと風で持っていかれたので下地も無理やりビスをもぎ取ったように痛んでいます。同じ個所にビスはもう打てないので補強や修繕をして再度取り付けなければいけません。
家本体の屋根ではなくカーポートの被害であった為、幸いでしたが補修を行う場合でも再発しないような方法で修繕を行わなければいけません。100%の状態に戻せなくとも可能な限り元の状態に戻せるよう材料や工法を考えていきます。このような積み重ねが他現場でも活きることもあります。また、修繕の方法についても契約前にしっかりと納得頂いたうえで施工に入ります。まだまだ台風被害でお悩みの方はいらっしゃるのではないでしょうか?可能な限り当社でも一軒一軒対応させて頂いております。お悩みの方はお気軽に当社へお問い合わせください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

漆喰・鉄筋棒劣化

瓦屋根のメンテナンス周期は皆さんどれくらいでしょうか?一般的には10年くらいで一度「点検」を行ったほうが良いと思います。または台風や大雨の後などですね。30年からの瓦屋根の方は参考にしてください。

古瓦の劣化

今回は古瓦の改修工事依頼です。点検にやってきてお伺いしましたがこれまでは隣家が並んで建っていたが今回更地になったので・・・。との事でしたが、隣家との隙間がなくほぼぴったりくっついて建っていたそうです。その為工事ができずにおられたようです。

折半屋根 サビ 腐食

今回は豊田市で折半屋根の点検を行ってきました。折半屋根とは主に工場等に使用されているギザギザとした形の屋根になります。屋根材自体は板金なので長い間放置しておくとサビが発生してしまいます。1度サビが発生してしまうとそこから自然に直る事はなくど...........