屋根から漆喰が降ってくる?|豊明市

【台風21号で被災された方の安全と一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます】
  台風21号が西日本に甚大な被害を与え日本列島を通過しました。
関西地方を中心に各地で記録的な暴風による停電被害、事故、交通の乱れ、住まいの破壊など大きな混乱が生じ、現在でもその爪痕が残った状態となっております。台風による被害を受けた方、受けたかも知れない方は街の屋根やさんにご相談ください。点検はもちろん可能な限り応急処置にもその場で対応いたします。
現在大変多くのお客様よりお問合せを頂いており、順番に対応をさせていたただいております。
皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

漆喰劣化
屋根の上です。寄棟ですね。漆喰が施工してあります。お客様からの電話では「漆喰がふってくるの」という表現をされていました。古くなった漆喰は剥離するのでその欠片が良く落ちてきたり屋根の上に転がっています。雨樋にも入りますが、勾配によっては地上まで飛んでいきます。
漆喰劣化
棟の鬼瓦です。漆喰の剥離はこれからのようですが劣化は進行しています。そして瓦が割れています。漆喰以前にこれは少し危ない状態です。瓦のほうが落ちると危険ですし、あたりでもしたらケガをします。下の屋根やカーポート、車にあたっても困ります。
漆喰劣化
棟下の漆喰です。剥離した漆喰の後ろにもう一つ漆喰があります。これは元々の漆喰の上に重ねて塗ってあるだけの状態です。結論から言うとNG工事です。水は当たり易くなるし汚れた漆喰との密着も・・・。これは剥離するべくしてなってしまった結果です。
漆喰劣化
隅棟の軒先です。結構割れています。破片も割と手のひら大の大きさです。点検時にはもちろん回収しましたが大きいと樋にも入らず下へ落ちてしまいます。また、土が見えているのが分かります。これ、無くなってしまうと瓦のバランスが保てなくなります。早めに補修したほうがよいでしょう。
漆喰劣化
あの部分も同じですね。この剥離や漆喰割れは経年劣化によっておこることが多いですね。漆喰の重ね塗りもも理論あまり良いとは言えませんが・・・。
雨樋劣化
屋根の上なので雨樋なども点検です。まだ一度も交換せずに頑張ってきた雨樋ですが、さすがに劣化が著しく、変形や垂れが各所にありました。雪の重みで垂れてしまったり、変形すると雨水をうまく受けれなくなります。接合してあるジョイントも外れてしまう事もあります。
こちらの建物は築40年弱、漆喰工事のみ20年前に実施という事でした。漆喰工事は一般的に10年サイクルくらいですが、立地によっても変わります。今回は屋根の形が寄棟なので足場が必要です。写真で示した雨樋も足場がないとできない工事です。まとめて工事可能ならそれだけ価格を抑えて施工可能です。足場の金額も建物によっては少なくないお金がかかります。足場を有効活用する為にも施工可能な範囲・部位は工事する事をお勧めしています。各種外装工事をご検討中の方はお気軽に当社へお問い合わせください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

漆喰工事

前回点検の様子をお知らせした漆喰工事の様子を見て頂こうと思います。正しい漆喰工事という事でブログをご覧になったかと思いますが、何が間違っていて何が正しいのか?こちらを読んでいただいて参考にして頂ければと思います。

漆喰工事

半田市の漆喰点検について工事の方法などお伝えしていきます。棟下の漆喰が写真でもわかるようにほとんどなくなって土が見えています。

漆喰・鉄筋棒劣化

瓦屋根のメンテナンス周期は皆さんどれくらいでしょうか?一般的には10年くらいで一度「点検」を行ったほうが良いと思います。または台風や大雨の後などですね。30年からの瓦屋根の方は参考にしてください。