台風シーズンに備えて防水工事!|豊明市


シート防水劣化
点検対象の建物は鉄骨造りで屋上のある陸屋根です。建物のデザインは非常に秀逸でザ・注文住宅という感じです。実はこの建物を中古で購入する前の点検です。現状有姿のようで買主がリフォームをします。
シート防水劣化
既設はゴムシート防水でした。だいぶ広い屋上部分です。写真でわかるようにシート防水にはシート重なりの継ぎ目があります。接着はしてあるのですが経年で剥がれたりします。また、立上がり部分などの密着状態やシート浮きが無いかなどをチェックします。
シート防水劣化
立上り部分のシート継ぎ目です。過去に前住の方によるメンテナンスは行われていたようですが、年数は経っています。この継ぎ目も切れてしまっています。立上がりは雨水が流れる部分でもあります。そこに切れがあると雨水をすくってしまいシートの中に雨水が侵入します。その為か、壁に当たる部分は少しタプタプして浮いています。
シート防水劣化
床面の継ぎ目です。特にメンテナンスはなく、経年劣化の進行中です。このようなひび割れからも雨水は浸みていきます。
シート防水劣化
周囲をに沿っている笠木です。天端は未施工で黄カビが繁殖しています。実はこのモルタルも水を吸います。当社ではこの笠木の天端まで防水処理を行います。一般の人から見てもわかるように雨水が初めに当たる部分だからです。
シート防水劣化
その笠木から一段降りたところにRC造りの庇があります。この色は経年で変色したものです。笠木同様に塗装などはされていない状態です。笠木と同じく雨水を受け、たまる場所です。
シート防水劣化
屋上のドレン回りです。これはいけません。完全に詰まっています。ドレンカバーを外して高圧洗浄で流すか下層の配管を解体して詰まりを抜かなければなりません。つまりによる水の溢れは思わぬところに流れ込みかもしれません。
シート防水劣化
これも・・・早めに解消しておくべきですね。点検時に堆積物は撤去しましたが、この下に排水口がありました。やはり詰まっていました。排水口の入り口まで草や土がたっぷりなので手作業での改善は困難です。
中古物件という難しさもありますが、現在の状態を見ていくと屋上防水の改修工事は優先順位がかなり上です。初めに手掛ける部分と思います。外壁や内装は住む方の希望やデザインを考えながら計画できますが、陸屋根の防水工事は外からは見えません。工法もそこまで多くないので耐久性のある工法やリーズナブルな工法もありますが、建物にとっては雨を防ぐ重要なものです。費用対効果を考えてメンテナンス計画をたてていくようご提案をしようと思います。
いかがですか?防水工事は専門性の高い工事です。お困りの方はお気軽に当社へお問い合わせ下さい。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

エバーコートZHEK-200/塩ビシート防水改修仕様/知立市

ウレタン防水
ウレタン防水
工事内容
防水工事
使用素材
ダイフレックス エバーコートzero-1H
築年数
築18年
建坪
28坪
保証
10年間
工事費用
76万円
施工事例

長い間・・・雨漏れが止まらなかったようです|刈谷市

工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
防水工事
使用素材
防水シート、カラーGL鋼板等
築年数
18年
建坪
25坪
保証
工事費用
40万円
施工事例

名古屋市中区で陸屋根建物の屋上をウレタン防水施工しました

ウレタン防水施工前
ウレタン防水施工後
工事内容
防水工事
使用素材
ダイフレックス エコ・ウレックス
築年数
約30年
建坪
23坪
保証
10年
工事費用
70万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_6310

豊田市で雨漏りしてしまった家の屋上を点検してきました。屋根の形状が真っ直ぐな陸屋根で屋上には防水で施工されていました。防水といってもシート防水、ウレタン防水、FRP防水・・・色々な種類がありそれぞれメリット、デメリットがありその立地や既存の...........

陸屋根防水不具合

今回は防水点検です。陸屋根の防水は多くの場合はシート防水やウレタン防水が多いのですが、こちらは「長尺シート」貼りでした。このシートはアパートやマンションの廊下部分やベランダに多く使用されているものです。建物の屋上に使われるケースは少ないので...........

モルタルベランダ

外壁塗装や防水工事を行ったことがある方は勝手がわかるかもしれません。今回はベランダのタイプで工事内容が異なるという話をしていきたいと思います。モルタルのベランダです。灰色と緑の部分が混ざっています。