長雨の影響|東海市


屋上防水
このところ屋上の点検が続きます。梅雨明けて暑くなってきましたが雨はいつ降るかわかりません。今後の台風に備えなければならない建物も多いのではないでしょうか。RCの床面にトップコート(防水ペンキ)を施工してある状態でしたが今はほとんど形がありません。
屋上防水
設置物もあり、鉄部の錆びも進んで床面に付着しています。床面に刺さっている状態なので付近の防水・止水施工を必要とします。
屋上防水
床面の防水は剥離しています。薄皮のようなものなので水が浸みると剥離は拡大するばかりです。
屋上防水
立上りの壁面も剥離が進行中です。床面よりさらに薄い塗膜が捲れてしまっています。
屋上防水
舞ってきた種子などの影響でしょうか。積もった塵や土から植栽が育っています。ここは排水ドレンの部分なので詰まらないように清掃が必要です。
屋上防水
屋上の周囲をぐるりと囲っている笠木です。経年劣化によりひび割れています。当然ひび割れからは水が浸みていきます。蒸気となって出たがる水分が防水の塗膜を押して出てこようとするので剥離の原因ともなります。
本来笠木などは板金でカバーされていると雨水は当たらず安心です。そしてRCの床面ではトップコート防水のみではやはり持ちません。ウレタン防水やアスファルト防水といった各種防水工事の種類も状態を見て選べます。費用対効果を考えて行う防水ですが、これまでに雨漏れ発生の有無や回数も参考となります。改修履歴など建物に関する情報が多いほど当社もご提案がし易くなります。建物の防水がノーメンテナンスであったり複数回の改修を行っている方、当社へご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

エバーコートZHEK-200/塩ビシート防水改修仕様/知立市

ウレタン防水
ウレタン防水
工事内容
防水工事
使用素材
ダイフレックス エバーコートzero-1H
築年数
築18年
建坪
28坪
保証
10年間
工事費用
76万円
施工事例

長い間・・・雨漏れが止まらなかったようです|刈谷市

工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
防水工事
使用素材
防水シート、カラーGL鋼板等
築年数
18年
建坪
25坪
保証
工事費用
40万円
施工事例

名古屋市中区で陸屋根建物の屋上をウレタン防水施工しました

ウレタン防水施工前
ウレタン防水施工後
工事内容
防水工事
使用素材
ダイフレックス エコ・ウレックス
築年数
約30年
建坪
23坪
保証
10年
工事費用
70万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

陸屋根防水不具合

今回は防水点検です。陸屋根の防水は多くの場合はシート防水やウレタン防水が多いのですが、こちらは「長尺シート」貼りでした。このシートはアパートやマンションの廊下部分やベランダに多く使用されているものです。建物の屋上に使われるケースは少ないので...........

モルタルベランダ

外壁塗装や防水工事を行ったことがある方は勝手がわかるかもしれません。今回はベランダのタイプで工事内容が異なるという話をしていきたいと思います。モルタルのベランダです。灰色と緑の部分が混ざっています。

トップコート劣化

今回点検にお邪魔したのは3階建ての建物です。ベランダの床面の防水状態をみて心配になり連絡を頂きました。ご自身でいろいろ調べてチェックをしてみると劣化のようなものが見受けられたとの事です。