東海市で瓦屋根の漆喰点検にいってきました


日本瓦漆喰劣化
今回は東海市で入母屋屋根の点検です。過去に一度雨漏れが出たことがあるとの事でラバー工法で施工跡がありました。
日本瓦漆喰劣化
海棟部分の瓦です。積んである瓦がコーキング施工されていますが、かなりの範囲をコーキングしてあります。本来水の出口ができるように部分的に行うのですが、横一直線にコーキングしてしまうと水の出口が無くなってしまいます。
日本瓦漆喰劣化
漆喰の状態も割れや剥離が出ています。土が出てしまうと棟の崩れの原因となってしまいます。
日本瓦漆喰劣化
そしてこの部分。このような箇所がいくつかあるのですが何が悪いかわかりますか?瓦がくっついています。下へ流れようとする雨水がこの接地部分で内側へ入ってしまうのです。ラバー工法のやり方とこのような部分に雨漏れの原因があると思われます。
日本瓦漆喰劣化
棟部分です。大変お施主様に申し上げにくかったのですが、このラバー工法は施工方法と仕上げにだいぶ不満が残るものであろうと思います。おそらく棟の内部には湿った土がいつまでも残る状態になっているはずです。
日本瓦漆喰劣化
雨水が入らないように施工してつもりが、雨水の出口をすべて塞ぐようになってしまっています。仕上げも乱雑でただコーキングしただけの状態に見えました。
瓦屋根のラバー工法はとても多く見かけます。本来雨漏れを止めるものではなく、瓦の滑落やズレを起こさないように行うものです。土葺きの瓦屋根にはこの施工が多く見受けられます。今回の悪い状態を改善するためにはコーキングをすべて除去しなければ手を入れにくいものですが、大変な手間がかかってしまいます。漆喰を含めた施工でも比較的安価にできたであろう工事でも、コーキングがこの状態である事によって予算と日数が余計にかかってきます。
梅雨前の屋根点検はいかがですか?当社では点検・見積りは無料で行っております。お気軽にお問い合わせください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_4808

今回は豊田市で外壁の点検を行ってきました。使用されていた外壁材はサイディングでした。この外壁材は定期的にメンテナンスが必要になり目安は新築から10年です。メンテナンスを怠るとチョーキングや外壁材の割れ、目地のひび割れや切れ等の不具合が出てき...........

IMG_4920

今回は岡崎市で瓦屋根の点検を行ってきました。瓦屋根にはいろいろな種類があり和型の瓦や洋風な洋瓦、真っ平らな平板瓦等種類がありますが性能はどれもほとんど変わらず、見た目の違いです。また表面がつるつるしている釉薬瓦や焼く時に燻すいぶし瓦もありま...........

7ded9c26826e1eb390f69f77c165951b

今回は豊田市で外壁の塗装工事を行ってきました。外壁塗装の目安は新築から10年です。リフォームの場合使用する塗料によって耐久年数が変わってきます。・シリコン塗料 10年~15年・フッ素塗料  15年~20年・無機塗料   18年~20年もちろ...........