瓦屋根もメンテナンスが必要です|東郷町


東郷町で屋根の調査に行ってきました。

屋根には瓦が使用されていましたが、一度もメンテナンスをしていないとの事でした。
瓦自体は半永久的に使用出来るといってもいいですが、
その為には定期的なメンテナンスが必要となってきます。

そのメンテナンスを怠ってしまうと屋根に不具合が生じて最悪の場合
雨漏れに繋がってしまうケースがあります。

しかし定期的にメンテナンスをしている方は少数派で
何か不具合があってから工事を依頼される方がとても多いのが現状です。

瓦屋根の不具合 S瓦
こちらが屋根の様子です。

瓦といっても細かく言えば沢山の種類がありますが、
こちらに使用されている瓦はS瓦という形の瓦が使用されていました。

瓦自体に割れている様な箇所はありませんでした。
瓦屋根の不具合 S瓦
瓦は桟葺きで葺かれていました。

桟葺きというのは
下地に瓦を引っ掛ける瓦桟というのを取付けて
そこに釘で瓦を留めていきます。
瓦屋根の不具合 S瓦
棟部分の下に塗り込んである漆喰です。
瓦屋根の不具合 S瓦
瓦をめくると瓦の下には棟木という木があり
漆喰は雨が入らない為と瓦を固定する為に
瓦の下に使われています。

瓦屋根の不具合 S瓦
瓦屋根の不具合 S瓦
周りを見てみると・・・

棟瓦を固定する為の釘が浮いてしまってほとんど抜けかけている状態です。
経年による雨風や地震等の揺れ、また下地の木材の膨張・収縮によって釘が浮いてきてしまう事があります。

釘が浮いてしまっている状態を放置しておくと浮いた釘の隙間から雨が侵入して
中の木材を腐食させてしまう可能性があります。
そうなると瓦の固定力が弱まり瓦がズレ落ちてしまい雨漏れに繋がってしまう可能性もあります。

瓦屋根の不具合 S瓦
瓦屋根の不具合 S瓦
先程の浮いている釘を抜いてみると思うほど簡単に抜けてしまいました。

釘を抜いて瓦をめくった所・・・上の写真右の状態でした。

雨が侵入して下地の木材が腐食していました。
このまま放置しておくと・・・

雨がどんどんと瓦の中へと侵入して瓦のズレはおろか雨漏れが発生してしまう可能性が考えられます。

現時点では特に何も被害は無いとの事でしたが時間の問題ではあるので早急なメンテナンスをお勧め致しました。

メンテナンスの方法としては
棟部分の瓦を全てめくり古い漆喰と木材を交換して復旧するという方法です。


屋根の事なら

街の屋根やさんにお任せください。
調査・見積りは無料でおこなっております。

お気軽にお問い合わせください

 こちらをクリック  <<<<問い合わせ>>>>

同じ工事を行った施工事例

施工事例

鳥の巣被害改善!棟工事|豊田市

鳥の巣撤去工事
鳥の巣撤去工事
工事内容
雪止め設置
その他の工事
使用素材
なんばん漆喰(黒)
築年数
25年
建坪
約30坪
保証
工事費用
25万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_4808

今回は豊田市で外壁の点検を行ってきました。使用されていた外壁材はサイディングでした。この外壁材は定期的にメンテナンスが必要になり目安は新築から10年です。メンテナンスを怠るとチョーキングや外壁材の割れ、目地のひび割れや切れ等の不具合が出てき...........

IMG_4920

今回は岡崎市で瓦屋根の点検を行ってきました。瓦屋根にはいろいろな種類があり和型の瓦や洋風な洋瓦、真っ平らな平板瓦等種類がありますが性能はどれもほとんど変わらず、見た目の違いです。また表面がつるつるしている釉薬瓦や焼く時に燻すいぶし瓦もありま...........

IMG_4517

今回は安城市で築12年のスレート屋根を点検してきました。スレート屋根には元々防水機能は無く表面の塗膜が無いと水をどんどん吸ってしまいます。その為、定期的なメンテナンスが必要になります。メンテナンスを怠る事によって屋根材の浮きや反り、割れに繋...........