大丈夫ですか?谷板金|知多市


谷板金雨漏れ
雨漏れ発生という事で点検にやってきました。日本瓦の屋根です。棟違いの長い大きな屋根です。こちらは寄棟の屋根です。瓦屋根の雨漏れは屋根形状で起こり易い場合があります。瓦の状態、葺き方、付帯部の損傷など原因も様々ですがひとつづつ細かく見ていきます。
谷板金雨漏れ
まずは瓦の状態。割れや浮き・ズレは無かったものの漆喰の状態は良くない状態でした。この鬼瓦に巻いてあるはずの漆喰もなくなっており隙間ができています。
谷板金雨漏れ
寄棟なので斜めに隅棟が降っています。棟との取り合いの瓦が足りず隙間ができています。漆喰が施工されていた跡がないので加工した瓦を伏せてあったかもしれませんが、無くなっていました。目で見てわかる隙間なので塞がなくてはなりません。
谷板金雨漏れ
そして棟下の漆喰です。土が露出しています。見たところ漆喰もそこまで厚塗りではない為、割れや剥離で落ちてしまいました。何本もある隅棟の漆喰がこのような状態であった為、補修の必要があります。
谷板金雨漏れ
最後に谷板金です。日本瓦の寄棟の場合、隅棟からの漏水も少なくないのですが、やはり谷板金の劣化による雨漏れは棟部分より多い気がします。特にそこそこの築年数の家では銅板の谷板金が使われており、穴あきが確認できるケースが多く見られます。
谷板金雨漏れ
谷板金をじっくり点検するとすぐに見つかりました。銅の板金に亀裂が入っています。
谷板金雨漏れ
そのほか、数か所の穴あきが確認できました。一番の原因はこの部分です。建物2階部分の雨染みの場所もほど近くに確認できます。
谷板金雨漏れ
現在の新築や、改修ではサビや穴あきに強いガルバリウム鋼板やステンレスの材料を用いて施工をします。こちらも早急に谷板金交換を進めなくてはなりません。
谷板金をはじめ、日本瓦のメンテナンスや雨漏れ事例を当社ブログでは多く紹介していますが、それだけ件数も多いという事ですね。屋根の上なので気付かないことがほとんどです。屋根の高さ、形状、勾配等の条件により足場が必要となる場合もあります。その際は改修費用が膨らむので一緒にできる工事など何かあれば効率的です。谷板金だけでなく、屋根全般で気になる事がありましたらお気軽に当社へご相談ください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

20181020-4_181020_0003

碧南市のお客様より「漆喰が剥がれてきている」「今、外壁の工事中なんだけど、外壁の工事屋さんが、うちの屋根を見ておかしいと言われた」「このまま放っておくと雨漏りが心配だから見てほしい」という屋根の調査依頼がありましたので、屋根の現地確認にお伺...........

漆喰工事

前回点検の様子をお知らせした漆喰工事の様子を見て頂こうと思います。正しい漆喰工事という事でブログをご覧になったかと思いますが、何が間違っていて何が正しいのか?こちらを読んでいただいて参考にして頂ければと思います。

漆喰工事

半田市の漆喰点検について工事の方法などお伝えしていきます。棟下の漆喰が写真でもわかるようにほとんどなくなって土が見えています。