知多市で雨漏りしている瓦屋根の谷板金を点検


今回は知多市で雨漏りのご依頼を受け点検に行ってきました。

雨漏りの原因は谷板金でした。

谷板金とは屋根の形が2種類以上ある
複合屋根と屋根には谷という部位がありそこに施工してある板金です。

昔は谷板金に銅板が使用されており
その銅板は酸性雨によって20年から30年程で穴が開いてしまう事が多く
そこから雨漏りに繋がっている可能性が高いです。
IMG_7731-columns2-overlay
IMG_7728-columns2-overlay
以前も同じ場所から雨漏りがあり補修したのですが
止まらないという事でお伺いさせて頂きました。

通常、谷板金を修理する際はまわりの瓦をめくり古い板金を撤去し
新しい物を施工していくのですが実際見てみると
まわりの瓦をめくらずにその上からただ板金を張っただけでした。

この修理の方法ではほとんど意味がありません。

古い板金との隙間もあり雨が降ると
下へ雨が潜ってしまう状態です。
IMG_7724-columns2-overlay
IMG_7717-columns2-overlay
この様に下の古い板金が見えてしまっています。

谷板金は穴が開いたり隙間があると
そのまま雨が侵入してしまう可能性が高い部位です。

普段見ない屋根だからこそこういった
メンテナンスはしっかり行っていきましょう!!!

この様に雨漏りに困っている方や
家の屋根は大丈夫かな???
そろそろメンテナンスの時期だけどどうなのかな?

と悩まれている方は是非
街の屋根やさん西三河店へご相談ください!!

点検・見積もりは無料です。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

長い間・・・雨漏れが止まらなかったようです|刈谷市

工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
防水工事
使用素材
防水シート、カラーGL鋼板等
築年数
18年
建坪
25坪
保証
工事費用
40万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

谷板金雨漏れ

雨漏れ発生という事で点検にやってきました。日本瓦の屋根です。棟違いの長い大きな屋根です。こちらは寄棟の屋根です。瓦屋根の雨漏れは屋根形状で起こり易い場合があります。瓦の状態、葺き方、付帯部の損傷など原因も様々ですがひとつづつ細かく見ていきま...........

平板瓦谷板金雨漏り

今回も瓦屋根です。今年は特に雨漏り案件が多いと感じます。日本瓦に比べてこの平板瓦は雨漏りがしにくい形状と葺き方をしていると思いがちですが・・・。

ドーマ雨漏れ

これがドーマです。屋根の上に室内でいう屋根裏部屋等がある部分です。今回のご相談は室内雨漏れの原因究明ですが、雨漏れ部分の真上にこのドーマがあります。