知立市で屋根の点検|瓦の凍てとは

【台風21号、台風24号で被災された方へ12/8更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順次対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

愛知県の知立市で屋根の点検を行いました。

なぜ今回お客様からのお問い合わせを頂いたかといいますと
飛び込みで来られた訪問業者さんから
『屋根がずれています。このままだと雨漏れしますよ』と指摘されたからだそうです。

雨漏れしますと言われ、とても不安になり弊社意にお問い合わせ頂き今回の点検になりました。

以前から屋根の事は気がかりで、また屋根の重さにも悩んでいましたので
葺き替え工事を視野に入れての点検となりました。

さっそく屋根の状態を見ていきたいと思います。

屋根の点検 瓦の凍て
屋根全景
屋根の点検 瓦の凍て
棟部
こちらが屋根の写真です。

屋根形状は切妻屋根とシンプルな形でした。
釉薬瓦が使われており青緑という色の瓦でした。
築年数40年以上経過していましたが、色あせもなく綺麗でした。

棟部分は以前工事をした際に漆喰を棟部分にも塗ってある状態でした。
屋根の点検 瓦の凍て
屋根の点検 瓦の凍て
全体を見渡した後に細部の点検に移ります。

こちらは棟周辺の瓦です。
オレンジ色に見えるのは瓦の釉薬が塗られていない素焼きの状態の部分です。
普段は上の瓦に重なって見えない様になっていますが、瓦が全体的に下がってきており
この様な部分が露出しています。

右の写真は瓦がズレた際に生じた隙間です。
少し風が吹いたらこの様な場所からも雨が入っていってしまいます。

現状雨漏れは無いとの事でしたが、
室内まで雨が進行していないだけで下地に影響している可能性が考えられます。

屋根の点検 瓦の凍て
屋根の点検 瓦の凍て
こちらは北面の屋根の状態です。
瓦が割れて欠けているように見えます。
これは瓦が凍てている状態です。

どういう事かといいますと、瓦は高温で焼いて陶器みたいな状態となっていますが
水を全く吸わないという訳ではありません。
寒い時期に水分を吸収した状態でその水分が凍ってしまうと体積が膨張して瓦を痛めてしまいます。

特に昔の瓦というのは品質が安定しない事もあり、この様な凍てという症状が起きやすいです。
北面の日の当たりにくい場所で起こりやすいです。
凍てた瓦は新しい瓦と差し替える事も出来るので交換をしてあげる必要があります。


工事のご提案

今回訪問業者さんから言われた雨漏れしますよという指摘ですがあながち間違いではなさそうです。

しかし訪問業者さんは実際に屋根に上がっていないそうでしたが・・・(笑)

お施主様より葺き替えを検討されているという事でしたので、葺き替え工事のご提案をさせて頂きます。

屋根の状態によって
補修で済むのか、葺き替え工事が必要なのか提案が変わってきます。

まずその判断をする為にも点検をする事が必要になってきます。

今の屋根の状態が知りたい方はお気軽にお申し付けください

街の屋根やさんをよろしくお願い致します


同じ地域の施工事例

施工事例

漆喰の定期的な補修工事|陶器瓦屋根|知立市

漆喰補修
漆喰補修
工事内容
漆喰詰め直し
使用素材
屋根しっくい
築年数
30年
建坪
保証
工事費用
20万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

台風被害 瓦の割れ・ズレ

春日井市で屋根瓦が台風によってめくれてズレたので応急補修に行ってきました。こちらが実際の写真です。棟瓦という屋根の頂点部分に積んである瓦がずれています。中の葺き土も見えてしまっている状態でこのまま放置しておくと雨漏れのリスクが増えていきます...........

軒天水漏れ

軒天の水漏れによる穴あき、との事でてんけんに行ってきました。台風の時だったので被害拡大を恐れ応急の施工をご主人さまが行った後でした。しかし屋根の状況は登れない為変わっていません。

鳥の巣被害

今回は鳥の巣を瓦の中に作られて困っているという相談から点検にやってきました。ご覧のように一見何の不具合もなく葺いてある屋根です。