高浜市で危ない瓦の状態が心配で・・・


瓦補修
高浜市で屋根点検です。鬼瓦が落ちそうだとの事でしたが、現地へ行ってみると大きい屋根の建物でした。無数に鬼瓦もあり、どの部分が・・・、とお客様に場所を伺い屋根の上へ。
瓦補修
問題の場所にたどり着くまでに瓦の割れもいくつか見当たりました。すぐに雨漏れはしない割れ方でしたが、差し替えておいたほうが良いですね。補修跡もある事から一度手を入れたものが再度傷んでしまったと思われます。
瓦補修
いくつかあった瓦割れはほぼ一度補修に入っている状態でした。しかし時間が経って補修部分も傷んでしまい、瓦が落ちてしまったのでしょう。破片はそこにはもうありませんでした。ちなみにこの割れ方は瓦の半分ほどまで割れているので雨水が下地へ入ってしまいます。
鬼瓦補修
棟を超えて問題と思われる位置へ来ました。隅棟先端の鬼瓦が!?なにやら斜めに見えますが・・・。
鬼瓦補修
確かに不安になるズレ方をしている鬼瓦があります。こちらの建物の裏には車屋さんがあり、もしも落ちてしまうと・・・。やはり不安ですね。鬼瓦は写真のように棟の内部から番線で引っ張って固定されておりそんなに簡単には落ちないように施工されていますが、大きい屋根で鬼瓦も大型の物でした。
鬼瓦補修
何とかできるだけ元に戻そうと頑張ってみましたが位置が隅棟の先端の為、足を踏ん張るスペースがありません。しかも重い・・・。15センチほど手前へ引く事で精一杯でした。
鬼瓦の番線固定は何本もの番線で固定してあったのでしばらくは大丈夫です。が、棟の中の土がむき出しなので雨が降るとどんどん土が出て行ってしまいます。やはり早めの施工が必要でしょう。状況を処置をお客様にご案内して早速工事になりそうです。瓦の工事は何かと技術や知識も大いに必要です。そこは屋根やさんである当社の得意分野でもあるので瓦屋根でなにかお困り事があるようでしたら是非一度当社へお問い合わせください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_4808

今回は豊田市で外壁の点検を行ってきました。使用されていた外壁材はサイディングでした。この外壁材は定期的にメンテナンスが必要になり目安は新築から10年です。メンテナンスを怠るとチョーキングや外壁材の割れ、目地のひび割れや切れ等の不具合が出てき...........

IMG_4920

今回は岡崎市で瓦屋根の点検を行ってきました。瓦屋根にはいろいろな種類があり和型の瓦や洋風な洋瓦、真っ平らな平板瓦等種類がありますが性能はどれもほとんど変わらず、見た目の違いです。また表面がつるつるしている釉薬瓦や焼く時に燻すいぶし瓦もありま...........

7ded9c26826e1eb390f69f77c165951b

今回は豊田市で外壁の塗装工事を行ってきました。外壁塗装の目安は新築から10年です。リフォームの場合使用する塗料によって耐久年数が変わってきます。・シリコン塗料 10年~15年・フッ素塗料  15年~20年・無機塗料   18年~20年もちろ...........