瓦のズレと漆喰劣化を指摘され・・・|高浜市


日本瓦ズレと漆喰劣化
今日は日本瓦の点検です。訪問販売業者からの瓦のずれと漆喰劣化を指摘されて不安に思い連絡を頂きました。早く直さないと雨漏れすると言われたものの具体的にどのように直すのかの説明があいまいで変わって当社へ相談がありました。
日本瓦ズレと漆喰劣化
一見すると瓦の状態はそこまで目立ったズレは無いように思いましたが、この高く積んである棟の両端鬼瓦にズレが確認できました。
日本瓦ズレと漆喰劣化
地上から見て指摘された部分ですね。確かに大きくズレてしまっています。訪問販売の多くは指摘箇所を見てもあまり悪くないケースもあるのですが、さすがこれは目立ちます。棟の内部は土が入っていますがこの瓦の開き方は雨水が多く入ってしまいます。
日本瓦ズレと漆喰劣化
反対側の鬼瓦も漆喰はありませんでした。左の写真より大きな隙間ではないですがやはり雨水は侵入します。
日本瓦ズレと漆喰劣化
さらに棟下の漆喰も指摘通りだいぶ劣化を指摘が進んでいます。急な雨漏れは無いと思いますが土が無くなってしまっては困ります。築年数が30年余りでメンテナンスなしとの事だったのでこの状態です。
日本瓦ズレと漆喰劣化
棟下のほぼ8割がた漆喰の剥離が見られました。補修工事が必要です。
日本瓦ズレと漆喰劣化
雨漏れなどはこれまでになかったとの事ですが、瓦のズレを止める為でしょうか、コーキングが施工してありました。
日本瓦ズレと漆喰劣化
雨樋ものぞいてみると勾配不良により水が溜まっていました。堆積物もやや残っています。屋根面が広いので雨量が多いとオーバーフローするかもしれません。樋もメンテナンスを行わないと変形するなどの劣化が出てきます。
訪問販売の方の指摘から始まった話ですが点検をしてみてその通りでした。当社は屋根の専門なので訪問販売の会社さんよりは安心して頂けたのかもしれません。実はこのようなケースが非常に多いのです。近くで工事を行っている、屋根がずれておかしい、キャンペーンでお安く工事・・・などなど。やはり不安になってしまうものなんですね。当社はお客様からの依頼があってから点検に行くのでいきなり営業をかけられることに対してはわずかながら安心してもらえると思います。なかなかご近所、友人に聞いても業者選びは難しいものだと思います。当社は訪問前の電話相談だけでも結構です。詳しくは建物を見ないとわかりませんが、それでも可能な範囲で質問にお答えする事ができます。リフォーム関連で不安に思っている方、お気軽に一度ご相談ください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

20181020-4_181020_0003

碧南市のお客様より「漆喰が剥がれてきている」「今、外壁の工事中なんだけど、外壁の工事屋さんが、うちの屋根を見ておかしいと言われた」「このまま放っておくと雨漏りが心配だから見てほしい」という屋根の調査依頼がありましたので、屋根の現地確認にお伺...........

漆喰工事

前回点検の様子をお知らせした漆喰工事の様子を見て頂こうと思います。正しい漆喰工事という事でブログをご覧になったかと思いますが、何が間違っていて何が正しいのか?こちらを読んでいただいて参考にして頂ければと思います。

漆喰工事

半田市の漆喰点検について工事の方法などお伝えしていきます。棟下の漆喰が写真でもわかるようにほとんどなくなって土が見えています。