あなたの家のベランダ・バルコニーは大丈夫?|高浜市

【台風21号、台風24号で被災された方へ12/8更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順次対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

モルタルベランダ
外壁塗装や防水工事を行ったことがある方は勝手がわかるかもしれません。今回はベランダのタイプで工事内容が異なるという話をしていきたいと思います。
モルタルのベランダです。灰色と緑の部分が混ざっています。
モルタルベランダ
近接写真だとわかります。上に塗ってある緑色が剥がれているのです。緑色のものは防水のトップコートですがモルタル面に直接塗ってあるのであまり長持ちしません。
モルタルベランダ
こちらはコンクリート床に人工芝です。ただ敷いてあるのではなく接着固定してあるものが劣化して破れてしまい3分の1ほどかろうじて残っている状態です。じつは敷物を接着すること自体があまり良くないのです。水が浸みたらなかなか抜けてくれずにとどまります。
モルタルベランダ
じわじわと時間をかけてコンクリートにも浸みこみます。左の写真の裏側です。ひび割れ部分から雨水が浸みだしているのが分かります。染みは比較的新しいものであることから雨のたびに染み出していると考えられます。
モルタルベランダ
そしてどの家にもだいたいある2階部分のベランダです。先ほどと同じようにこちらにも人工芝が・・・。広大なスペースではありませんがここを歩くと靴底のゴム部分くらいまで水がひたひたです。
モルタルベランダ
エアコンも置いてあるのでその水も常にベランダ内に流れて浸みていることになります。やはり、というか必然的に下の部屋に雨漏れが出ています。接着した人工芝なので早急にはがして新規の防水工事を行わなければなりません。
今回はモルタルのベランダでしたが、他にもシート防水やアスファルト防水、FRP防水、デッキベランダなど様々な種類があります。防水工事の際にはした下地処理が必要になりますが、今回のように何か接着してあると剥がしとる手間、残った接着剤があればそれを剥がし取り面を平滑にする手間、と余分に予算がかさんできます。状態により防水工事の内容も変わっていきます。雨漏れや水漏れを防ぐ大切な工事です。滴定な診断と工事提案で当社では施工させて頂いております。台風のシーズン備えて心配な方は一度お気軽に当社へお問い合わせ下さい。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

名古屋市中区で陸屋根建物の屋上をウレタン防水施工しました

ウレタン防水施工前
ウレタン防水施工後
工事内容
防水工事
使用素材
ダイフレックス エコ・ウレックス
築年数
約30年
建坪
23坪
保証
10年
工事費用
70万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

トップコート劣化

今回点検にお邪魔したのは3階建ての建物です。ベランダの床面の防水状態をみて心配になり連絡を頂きました。ご自身でいろいろ調べてチェックをしてみると劣化のようなものが見受けられたとの事です。

屋上防水劣化

広めのビルの屋上です。現在はアスファルト防水が施工されています。約25年ほど前の施工のみで全体的なメンテナンスはこれまでなかったとの事でした。

シート防水劣化

点検対象の建物は鉄骨造りで屋上のある陸屋根です。建物のデザインは非常に秀逸でザ・注文住宅という感じです。実はこの建物を中古で購入する前の点検です。現状有姿のようで買主がリフォームをします。