日本瓦:棟瓦が2階から落下|高浜市


棟瓦飛散
台風被害で瓦が落ちる事象がまだまだあります。工事がどこも込み合っていて工事ができない方が多くいらっしゃいます。当社も全力で対応していますがすべての方に均等な対応が難しい状況です。こちらはこの一番上の屋根から瓦が飛ばされました。
棟瓦飛散
何とか登ってみてみると棟瓦1枚が無くなっています。漆喰も取れてしまい、土がむき出しです。
素人目にみてもこのままではよくありません。
棟瓦飛散
落ちた瓦は当然われています。被害が他になかったのは幸いでした。左においてある瓦は手持ちのものだったのですが残念ながら寸法が合いません。形はそっくりでも棟瓦には5寸紐丸、7寸丸、江戸・・・などなど種類もたくさんあるんです。
棟瓦飛散
下の屋根も過去に不具合があった為かアルミテープが貼ってありました。単純に瓦の交換と言っても良く見ると瓦は番線で結わいてあります。滑落やズレを防ぐためです。
軒樋不具合
また、樋も風で煽られたためか固定金具が抜けてしまい垂れさがっていました。
棟瓦飛散
写真ではわかりづらいですが奥側が変形したように垂れています。
瓦一枚の差し替えや補修は金額的にも施工費は大きいものではありません。しかしその場所までたどり着ければの場合です。3階建てや急勾配の屋根であればたった1枚の材料交換の為に足場が必要なケースも少なくありません。このような時は火災保険を使うとお客様の負担はほとんどありません。保険がないとすべてが実費なので家計の負担になります。
台風被害の際は自宅で可能な外観チェックをして頂き、不具合や破損が見つかればすぐに保険屋さんと業者へ連絡することをお勧めします。今回もそうでしたが現地を営業担当が見に行くまで1か月を要したり、施工は3か月後、という事も実際に起こりました。屋根の上は特に自分でどうにかできるものではないので早めの手配をされることをお勧めします。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

豊田市でハイロールを使って棟の積み直し工事を行いました

20181020-6_181020_0022
257be8e15052a0772b0405892b70ae56
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
足場
火災保険
使用素材
ハイロール
築年数
築20年
建坪
40坪
保証
工事費用
80万円
施工事例

長い間・・・雨漏れが止まらなかったようです|刈谷市

工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
防水工事
使用素材
防水シート、カラーGL鋼板等
築年数
18年
建坪
25坪
保証
工事費用
40万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

f0861b135e2480938d528f99e8677c33

今回は刈谷市で飛散してしまったスレート屋根の補修を行ってきました。スレート屋根は瓦に比べるとカラーバリエーションが豊富で費用も安く、施工も早く行うことができます。ですが強度が劣る為、台風等の強い風の時に割れやすく飛散してしまう可能性がありま...........

IMG_0584

豊田市で強風により浮いてしまった笠木の板金を下地を人工木、笠木をガルバリウム鋼板に交換する工事を行いました。年数が経ってくると板金を留めている釘が建物の揺れ等によって浮いてきてしまう事があります。一度浮いた釘、開いてしまった釘穴は放置してお...........

20181020-4_181020_0003

碧南市のお客様より「漆喰が剥がれてきている」「今、外壁の工事中なんだけど、外壁の工事屋さんが、うちの屋根を見ておかしいと言われた」「このまま放っておくと雨漏りが心配だから見てほしい」という屋根の調査依頼がありましたので、屋根の現地確認にお伺...........