折半屋根から雨漏れ|大府市


折半屋根雨漏れ
折半屋根の点検です。ご覧の通りかなり大きい屋根です。実はとる店舗さんです。過去に雨漏れの為部分的にコーキング工事を行われたようです。棟部分の継ぎ目などに白いコーキングが確認できます。
折半屋根雨漏れ
屋根の下から見てみます。距離が長いです。さらに勾配も少しきつく、登って歩けない角度です。
折半屋根雨漏れ
棟の部分は何とかこのように点検ができました。コーキングも消耗品なので次第に劣化が進みます。折半屋根はボルトで固定されています。そして錆びてしまいます。サビが起こると朽ちた部分が隙間となり雨水が侵入するケースがあります。
折半屋根雨漏れ
再度ボルトにコーキング等の施工をするとなると急勾配の為、やはり足場が必要となってしまいます。ボルトに被せる「ボルトキャップ」という材料もありますが屋根の上の作業には変わりありません。
折半屋根雨漏れ
屋根裏も入らせてもらいました。さすがに大きな屋根なので広大な屋根裏です。そして広範囲にこのような雨染みが確認できています。
折半屋根雨漏れ
範囲がだいぶ広いので雨漏れ箇所の特定は困難です。ボルトからの漏水や水切り関係など範囲を絞るには屋根面全体を点検したいところです。
店舗という事もあり、足場を組んでの工事も速やかに・・・ですが、足場を組んでどこまで手を入れるかも大切です。ボルトは1000本近くあるでしょうし、足場も広範囲で費用が掛かります。最終的にベストなプランは屋根のカバー工事ですが、かける費用を要検討です。足場を組むと大抵の工事を行う事ができますが、全体の施工を考えるのであれば必要経費として考える事ができます。しかし施工範囲が狭い場合は足場費用のほうが大きくなるのでもったいないと感じてしまいます。必要な提案とアドバイス、点検等は当社では無料で行っています。屋根全般でお悩みがある方はお気軽にお問い合わせください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

パミール

今回は刈谷市でパミールが使用された屋根の点検に行ってきました。そもそもパミールとはどの様な屋根材なのでしょう。・屋根の上から何かが落ちてくる・・・・塗装業者から「塗装は出来ない」と言われた・・・・雨漏りや雨染みが発生してきた・・・というお家...........

IMG_4517

今回は安城市で築12年のスレート屋根を点検してきました。スレート屋根には元々防水機能は無く表面の塗膜が無いと水をどんどん吸ってしまいます。その為、定期的なメンテナンスが必要になります。メンテナンスを怠る事によって屋根材の浮きや反り、割れに繋...........

IMG_3924

今回は刈谷市でスレート屋根の点検に行ってきました。スレート屋根には定期的なメンテナンスが必要です。メンテナンスを怠る事によって屋根材の浮きや反り、割れ、最悪の場合雨漏りに繋がってきます。屋根・外壁の劣化原因である紫外線が一番当たる場所が屋根...........