セルフチェックで気付いた劣化|岡崎市


トップコート劣化
今回点検にお邪魔したのは3階建ての建物です。ベランダの床面の防水状態をみて心配になり連絡を頂きました。ご自身でいろいろ調べてチェックをしてみると劣化のようなものが見受けられたとの事です。
トップコート劣化
選んだのトップコートのチェックをご自身で行われていました。写真の様なひび割れが多数できていてどのように直したらよいかがわからないとの事でした。トップコートの代表的な劣化の一つですね。経年劣化によるものが多く、日々の使用頻度によっても状態は変わります。
トップコート劣化
塗膜劣化の写真です。トップコートにひびが入ると雨水が浸みこみます。ひどくなれば剥離してしまい、床面に膨れが起こります。
トップコート劣化
排水溝には僅かな段差がありますがこの部分も比較的ひび割れを起こし易い箇所です。水が常時流れる部分なのでチェック対象です。
トップコート劣化
立上がり部分も入隅や塗装の塗り位置を確認します。トップコートは乾くと固まる材料です。故に踏み歩くベランダでは塗膜に影響があり少しずつひびなどが生じてしまいます。
トップコート劣化
立上がり部分も良く見ると割れています。雨水がじゃぶじゃぶ入る事はありませんが、進行するとじわじわと浸みていきます。
トップコートの知識として今回は幸いにも膨れや浮きは無かったのでトップコートの再塗装のみで改善できそうです。しかし膨れや剥離があると一度その部分を撤去・補修の上で再塗装となります。そのうえでリスクを考えなければならないのですが、膨れ周辺の再塗装部分から再度膨れが生じる可能性があるんです。そしてまた再施工・・・となる可能性もゼロではありません。そうなってくるとトップコートでの補修ではなく違う材料での防水工事を考えなければなりません。
各種防水工事をお考えの方、迷われている方はお気軽に当社へお問い合わせ下さい。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

エバーコートZHEK-200/塩ビシート防水改修仕様/知立市

ウレタン防水
ウレタン防水
工事内容
防水工事
使用素材
ダイフレックス エバーコートzero-1H
築年数
築18年
建坪
28坪
保証
10年間
工事費用
76万円
施工事例

長い間・・・雨漏れが止まらなかったようです|刈谷市

工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
防水工事
使用素材
防水シート、カラーGL鋼板等
築年数
18年
建坪
25坪
保証
工事費用
40万円
施工事例

名古屋市中区で陸屋根建物の屋上をウレタン防水施工しました

ウレタン防水施工前
ウレタン防水施工後
工事内容
防水工事
使用素材
ダイフレックス エコ・ウレックス
築年数
約30年
建坪
23坪
保証
10年
工事費用
70万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

陸屋根防水不具合

今回は防水点検です。陸屋根の防水は多くの場合はシート防水やウレタン防水が多いのですが、こちらは「長尺シート」貼りでした。このシートはアパートやマンションの廊下部分やベランダに多く使用されているものです。建物の屋上に使われるケースは少ないので...........

モルタルベランダ

外壁塗装や防水工事を行ったことがある方は勝手がわかるかもしれません。今回はベランダのタイプで工事内容が異なるという話をしていきたいと思います。モルタルのベランダです。灰色と緑の部分が混ざっています。

屋上防水劣化

広めのビルの屋上です。現在はアスファルト防水が施工されています。約25年ほど前の施工のみで全体的なメンテナンスはこれまでなかったとの事でした。