岡崎市で日本瓦とトタン外壁の点検に行ってきました


古瓦
岡崎市にて日本瓦とトタンの外壁の点検です。築年数がだいぶ経っている平屋造りの建物ですが古瓦でした。中深瓦とも言い、現在使われている一般的な瓦より寸法が小さいものです。
古瓦
年数がたつとこの様な瓦は写真のように表面がはがれて割れてきます。当然強度もなくなり割れの進行が進んでいきます。ちょうどここは棟の部分なのでこのまま劣化が進んで割れたりすると棟の崩れにつながる恐れがあります。
古瓦
棟下漆喰の様子です。と言っても漆喰はすでに無く、土がむき出しの状態です。瓦の割れもそうですが、土が出てしまっても棟の歪みなどの影響が出てきます。
古瓦
棟に積んである瓦を「のし瓦」と言いますが、通常何段か積んであります。御覧のようにほどんどの瓦に劣化が見られます。
古瓦
鬼瓦です。棟の端部にあり、本来漆喰で継ぎ目が巻かれています。しかしこちらも漆喰はなくなっており、土が出ています。棟の内部から鬼瓦は銅線でつながれているので落ちる事はあまりありませんが、土に染みた雨水が棟の内部に入っていく事はとてもマイナス要因です。
古瓦
桟瓦です。屋根の平面にある瓦ですが、見てわかるように浮いています。指が入ってしまう隙間なので少し吹き降りの時など雨水が侵入します。この状態は直そうにもすぐに直せません。ご存知の通り瓦は重なって葺いてある為、周囲の瓦がズレたり浮いたりしていると広範囲にわたって葺きなおし等の必要が出てきます。
波トタン劣化
屋根を点検したら次は外壁です。シンプルな長方形の造りでしたが、東西南北どの面も塗膜がはがれて大きく美観を損ねています。やはりサビも浮いてきています。サビは水に濡れるとサビ水が他所にも付いてしまいもらいサビとして広がっていきます。
波トタン劣化
また、以前何かの配管があったのでしょうか。大きな開口がありました。中には下地が見えます。軒下とはいえこれだけの穴だと雨天時は心配です。
今回の点検から、建物を守っていくのであればやはり屋根は葺き替え、外壁は不具合個所の修繕は必須ですが、最低限塗装工事が必要となりそうです。屋根葺き替えは金額が高いイメージもありますが、その工事内容を具体的に知っていくと必要経費である事に納得して頂けるお客様も多くいらっしゃいます。立地や作業性の問題は家々で違いますが、正しい料金を知るのも大切なことだと思います。全面葺き替えではしっかり10年間の工事保証もお付けしています。屋根外壁工事をご検討中の方や、心配事がある方はぜひお気軽にお問い合わせください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

豊田市でハイロールを使って棟の積み直し工事を行いました

20181020-6_181020_0022
257be8e15052a0772b0405892b70ae56
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
足場
火災保険
使用素材
ハイロール
築年数
築20年
建坪
40坪
保証
工事費用
80万円
施工事例

長い間・・・雨漏れが止まらなかったようです|刈谷市

工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
防水工事
使用素材
防水シート、カラーGL鋼板等
築年数
18年
建坪
25坪
保証
工事費用
40万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

f0861b135e2480938d528f99e8677c33

今回は刈谷市で飛散してしまったスレート屋根の補修を行ってきました。スレート屋根は瓦に比べるとカラーバリエーションが豊富で費用も安く、施工も早く行うことができます。ですが強度が劣る為、台風等の強い風の時に割れやすく飛散してしまう可能性がありま...........

IMG_0584

豊田市で強風により浮いてしまった笠木の板金を下地を人工木、笠木をガルバリウム鋼板に交換する工事を行いました。年数が経ってくると板金を留めている釘が建物の揺れ等によって浮いてきてしまう事があります。一度浮いた釘、開いてしまった釘穴は放置してお...........

20181020-4_181020_0003

碧南市のお客様より「漆喰が剥がれてきている」「今、外壁の工事中なんだけど、外壁の工事屋さんが、うちの屋根を見ておかしいと言われた」「このまま放っておくと雨漏りが心配だから見てほしい」という屋根の調査依頼がありましたので、屋根の現地確認にお伺...........