屋上の防水メンテ大丈夫ですか?|岡崎市


塩ビシート防水劣化
ビルの屋上へ出る点検口を空けて登ってみると・・・。なんとこの状態。オーナーさんも驚かれていました。形は長方形の屋上です。手前側から塩ビシートが4分の1ほど捲れてしまっています。
塩ビシート防水劣化
隅の部分もシートはよれていて劣化が進んでいます。確かにシート防水は温度により伸び縮みしますがこれは許容範囲を超えています。
塩ビシート防水劣化
捲れているシートに水がたまり無くならない状態なので下地にも悪影響です。塩ビシートは軽くないシートですが、台風の時などで強風に煽られると危険です。
塩ビシート防水劣化
押さえ金物からもシートが破れてしまっています。下地むき出しなので水も吸います。雨水の侵入箇所が現状ではかなり特定しにくい状態です。
塩ビシート防水劣化
シートがかぶさっている部分も無数にこのような切れが確認できました。現状の防水性能はゼロに近く、雨漏れも起こっていることから早急にメンテナンスを計画しなくてはなりません。
塩ビシート防水劣化
写真で僅かに見えるこの切れでも雨水は入ります。しかし定期メンテナンスで補修を行っていれば恐らく被害を少なくできたかと思います。
色々なメンテナンスでそうですが予期せぬことだと劣化状況と出費に困ってしまいます。起こる不具合は突発的なものを除き起こってしまいますが、被害の大小はある程度コントロールできます。それには定期的なメンテナンスや点検です。何も起こってないから点検の必要なしという方もいるかもしれません。何もなければ工事も必要ないのでその通りですが、「経年」で考えると部位・部材など劣化は起こっています。今大丈夫だけど〇年経過したから見てもらおうか、という考えであれば不具合の早期発見につながります。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

エバーコートZHEK-200/塩ビシート防水改修仕様/知立市

ウレタン防水
ウレタン防水
工事内容
防水工事
使用素材
ダイフレックス エバーコートzero-1H
築年数
築18年
建坪
28坪
保証
10年間
工事費用
76万円
施工事例

長い間・・・雨漏れが止まらなかったようです|刈谷市

工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
防水工事
使用素材
防水シート、カラーGL鋼板等
築年数
18年
建坪
25坪
保証
工事費用
40万円
施工事例

名古屋市中区で陸屋根建物の屋上をウレタン防水施工しました

ウレタン防水施工前
ウレタン防水施工後
工事内容
防水工事
使用素材
ダイフレックス エコ・ウレックス
築年数
約30年
建坪
23坪
保証
10年
工事費用
70万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

陸屋根防水不具合

今回は防水点検です。陸屋根の防水は多くの場合はシート防水やウレタン防水が多いのですが、こちらは「長尺シート」貼りでした。このシートはアパートやマンションの廊下部分やベランダに多く使用されているものです。建物の屋上に使われるケースは少ないので...........

モルタルベランダ

外壁塗装や防水工事を行ったことがある方は勝手がわかるかもしれません。今回はベランダのタイプで工事内容が異なるという話をしていきたいと思います。モルタルのベランダです。灰色と緑の部分が混ざっています。

トップコート劣化

今回点検にお邪魔したのは3階建ての建物です。ベランダの床面の防水状態をみて心配になり連絡を頂きました。ご自身でいろいろ調べてチェックをしてみると劣化のようなものが見受けられたとの事です。