岡崎市で屋根外壁の点検に行ってきました


屋根外壁褪色
今回は岡崎市で輸入住宅の建物点検です。年数から言ってもう塗装を行わなければいけない時期に来ています。どのような材料と工事が必要かを分かり易くお伝えする為に各所点検を行っていきます。まずは屋根まではしごをかけて点検です。
屋根外壁褪色
経年からすると塗膜の状態は思ったほどではありませんでした。しかし、表層の塗膜は弱くなっており、色つやはほとんどありません。細かな黄色い粒は黄カビです。また、藻やコケも発生しています。
屋根外壁褪色
雨樋も褪色が進行しています。塗装はしていないのに手が白くなります。これは紫外線によって表面の材質の色が壊れて粉上になってしまう為です。多くの雨樋は塩ビでできているので徐々に材質も脆くなっていきます。
屋根外壁褪色
外壁のサイディングも他の部位同様に褪色がだいぶ進んでいました。チョークの様な粉が付くのでこの現象を「チョーキング」といいます。塗膜が無くなると汚れが付きやすく美観を損ねます。また、水分も吸い易くなってしまうので早めに塗装で劣化の進行を止めたほうが良い状態です。
屋根外壁褪色
輸入住宅らしく外壁の出隅部分には化粧材が使用されています。しかし外壁同様にペンキで塗ってあるものなのでこのように劣化します。塗膜の剥離が起こるとその部分から拡大していきます。
屋根外壁褪色
外壁にある目地部分です。塗膜もなく、硬化してひび割れを起こしています。この状態が長引くとやがてシーリングは破断してしまい、雨水を受けてしまいます。
屋根外壁褪色
こちらは窓モールです。輸入住宅の代表的な化粧材です。四方から化粧板を貼っているので継ぎ目の劣化がまず目立ってきます。当然塗装もはがれてきてしまうので材質の劣化と美観を保てなくなります。
屋根外壁褪色
左の窓モール塗装の拡大写真です。塗膜の状態を確認するために私たちは塗膜診断の顕微鏡を携帯しています。これで塗膜表面、ひび割れや剥離の程度を確認します。
屋根外壁褪色
最後にベランダの防水塗装をチェックしました。ベランダは方角や使用頻度で劣化の具合も変わってきますが、今回は表面の防水塗膜が割れてしまっていました。こちらの建物のベランダ床は「FRP防水」のベランダでした。ベニヤ板にガラス繊維を敷きこみ塗装して固めてある床です。
屋根外壁褪色
ガラス繊維の保護にトップコートという防水ペンキを施工しますが、外壁と同じく劣化は日々進行します。そのうえ人が歩く部分でもあり、室外機や物干しなどを置いている方も少なくありません。細かな劣化はほとんど気づかないものですが、写真のように割れてしまうと心配です。ガラス繊維も露出しているので雨水が入ると塗膜内で広がり、防水塗膜を和rくしていってしまいます。
今回の点検では建物の材質から言ってほとんどの部分を塗装することが可能です。使用材料のグレードもありますが、まずは材料の効果がしっかりと出るように現状の不具合個所をすべて修繕していく事が大切です。このような住宅点検を私たちは無料で行っております。屋根と外壁の塗装、防水工事などでお悩みの方は是非一度「街の屋根やさん西三河店」までお問い合わせ下さい。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

d9ede2651b6b1f09194cafb98c2716eb

今回は豊田市で外壁塗装の見積依頼を頂き点検に行ってきました。今回使用されていた外壁材は「サイディング」でした。サイディングには金属系と窯業系があり今、建てている家の約8割がこのサイディングを使用しているというぐらい多く使用されている外壁材で...........

IMG_5523

今回は刈谷市で外壁塗装の見積依頼を頂き点検に行ってきました。外壁を塗装する際、外壁材のひび割れや浮き、目地の切れ・・・・等色々な不具合が考えられます。ただ塗料を塗るだけですと見た目は綺麗になりますがひび割れ、浮き等は直りません。この様な不具...........

17076b91b09fc3043610a04af40c11a7

今回は刈谷市で外壁塗装工事を行いその際に行った目地の打ち変え工事について書いていきます。前回のブログで途中まで書きましたがそちらの完成までの記事になります。古いシーリングを撤去しプライマーを塗布し新しいシーリング材を充填していきました。最後...........