岡崎市で日本瓦の屋根漆喰と外壁の点検に行ってきました


漆喰劣化
岡崎市にて日本瓦の屋根とモルタル外壁の点検です。前回のメンテナンスは15年ほど前、屋根からシックの欠片が落ちてきたのを知り心配になったそうです。状態を詳しく調べるために今日も屋根に上がって点検を始めます。
漆喰劣化
屋根は切妻形状の屋根でしたが、棟が一段下がったところにもある棟違い屋根でした。漆喰の点検は大きく鬼瓦・棟下です。棟下の漆喰はこんな風に劣化が進み割れて滑落したと思われます。
漆喰劣化
同じく棟下漆喰ですが劣化進行中のようです。漆喰が取れてしまうと中にある土が出て行ってしまうので棟自体の歪みや崩れの原因になりかねません。
漆喰劣化
漆喰の状態を見て瓦の下ものぞいてみました。土葺きの屋根なのでめくって点検が可能です。今回は幸いに水が浸みた様子はなさそうでした。
棟留め劣化
こちらは高い棟から一段下がった棟です。本来この様な棟違いの端部には漆喰や板金でカバーしてあるのが一般的ですが、何故か鉛のシートで覆ってありました。止水を考えると問題ないのですが、地上から見てお施主様が見た目が悪くて気になるとの事です。以前の工事の際には何も知らされていなかったようです。
破風褪色
続いて破風板です。木製の破風板に板金が巻いてありました。当然木部は劣化も少ない状態でしたが、板金自体は触ると手が結構茶色になります。褪色が進行しています。
入隅確認
こんな部分もしっかり点検します。棟違い屋根の入隅ですが台風の時など風向きによってはこんな場所にも雨が吹き込みます。普通は住んでいる方はこんな場所は見る事ができないと思います。私たちは毎日の点検の中でチェック個所を漏らさ無い様心がけています。この写真ではしっかり水切り板金が隙間なく施工されており心配ありません。
外壁褪色
屋根の後は外壁です。モルタルの外壁でしたがクラック等はしっかり修繕されており、気になったのは褪色の進行だけでした。結構なチョーキングでしたので水分を含みやすくなっているようです。
外壁褪色
外壁の塗膜拡大です。モルタルも材質の特徴としてひび割れを起こし易いといいます。早めに塗装して保護してあげると劣化の進行をストップさせることができます。
雨樋褪色
雨樋などもしっかり点検します。屋根に上がるので詰まりなども異常がないか確認し、褪色もチェックします。足場を必要とする塗装工事では一度にやれることも多いので一緒の工事をお勧めしています。
庇板金褪色
こちらの庇屋根も板金でできており、塗装の範囲です。必要ないと思われればそこまでですが、リフォーム後に多くの個所が奇麗になった後にある部分だけ目立ってしまう・・・、そんなこともあります。決定はあくまでお客様ですが、業者目線では提案はさせて頂いています。
今回の点検は大きく分けて屋根の漆喰補修と外壁塗装です。15年経過した状態から言うと相応の状態でした。やはり野外に建っている住宅なので劣化の外部要因はみなさん多いですね。点検してもらうのが心配、或いはどこに相談していいかわからないといった悩みを持たれている方はお気軽に一度「街の屋根やさん西三河店」までご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

漆喰の定期的な補修工事|陶器瓦屋根|知立市

漆喰補修
漆喰補修
工事内容
漆喰詰め直し
使用素材
屋根しっくい
築年数
30年
建坪
保証
工事費用
20万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

2a9f51580c85337fc9dc77db6cd57601

今回は豊田市で漆喰の詰め替え工事を行ってきました。漆喰とは瓦屋根の棟下に塗ってある白い物です。劣化してくるとひび割れや剥離が発生し雨漏りにも繋がってきます。また中には土が入っていますので雨を吸い込むだけではなくその土が雨と一緒に流れてしまい...........

20181020-4_181020_0003

碧南市のお客様より「漆喰が剥がれてきている」「今、外壁の工事中なんだけど、外壁の工事屋さんが、うちの屋根を見ておかしいと言われた」「このまま放っておくと雨漏りが心配だから見てほしい」という屋根の調査依頼がありましたので、屋根の現地確認にお伺...........

日本瓦点検

築40年弱の瓦屋根です。台風の被害は幸運なことになかったようですが、近隣の被害状況を見て重い・古い屋根なので今後の為に点検を・・、との事で依頼がありました。実際に点検を始めると確かに被害は無いようでしたが・・。