オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

雨漏りのため、軒先の下地不良部分を補修工事スタート! 岡崎市



岡崎市にて、雨漏り被害のため軒先下地が劣化していたため
補修工事を行いました!!

下地は基本的に屋根を全体的に葺き替え工事を行う際に
下地確認まで行います。

しかし、最近増加している
カバー工法を使った屋根工事を行うと
下地の確認を行う事ができません。

なので、カバー工事を行う際は
しっかりと業者さんに確認をしてもらいましょう!

屋根補修
屋根補修

基本的に軒天という部材がついているため、
この写真の様にしたから確認できないのが当たり前なのですが、
今回は、軒天を付けていなかったため確認することができました!

屋根の全体的に敷いてある
コンパネという部材がかなり劣化しており
屋根の基礎となる垂木という部材も
劣化していました。

ここまで劣化が進行していると
屋根のカバー工事を行う事が出来ないため
補修を行います!

屋根補修
屋根補修

まずは既設部分の撤去を行います。

既設撤去自体はかなり早く行う事が出来ます。

そのあと、下地の補修として
本来ある垂木という木材を補強のために
取り付けを行い、その上からコンパネを張ります。


屋根補修

高さをそろえるため、
コンパネの増し張りも行います。

コンパネは屋根を支えるためのものなので
必ず新しいものを使用します。


屋根補修
屋根補修

そして補修部分に雨が当たらないようにするために
防水シートを張ります。

今回行う屋根カバー工事は既設屋根材の上に直接、
防水シートを張るため、安心できる工事方法です。

しかし、屋根材の中に水分を含んだ状態で施工を行うと
浮きが発生するために、しっかりと防水シートに合わせて
ブルーシートも貼っていきます。

今回はここまで!!

屋根のカバー工事は下地不良の状態では施工不可能です。
たまに、屋根に上らず下地確認を行わない状態で
カバー工事を行う業者もいますが、それでははっきり言って
無意味な工事になってしまいます。

カバー工事を行う際は、
必ず下地確認を行ってから工事を行いましょう!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

豊田市でハイロールを使って棟の積み直し工事を行いました

20181020-6_181020_0022
257be8e15052a0772b0405892b70ae56
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
足場
火災保険
使用素材
ハイロール
築年数
築20年
建坪
40坪
保証
工事費用
80万円
施工事例

長い間・・・雨漏れが止まらなかったようです|刈谷市

工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
防水工事
使用素材
防水シート、カラーGL鋼板等
築年数
18年
建坪
25坪
保証
工事費用
40万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

スレート屋根 点検

豊明市にて、定期メンテナンスのためスレート屋根の点検を実施しました!!!近年、スレート屋根の場合に用いられるメンテナンス方法は重ね葺工法が多くなってきました。重ね葺とは・・・既存の屋根材をそのままの状態にしておき、そのうえに直接防水シートを...........

スレート屋根点検

岡崎市にて長年メンテナンスを行っていなかった屋根の点検を行ってきました!!!アパートはよくスレート材を使用していますが定期的なメンテナンスを行っていないとかなりの大きな工事になってしまう可能性も・・・まずは現状の調査から!!!

瓦屋根 定期点検

豊田市にて10年程度に一度必要な定期メンテナンスのために点検を行ってきました!!!住居というものは、数十年前に一度、メンテナンスが必要です。屋根は屋根材によってメンテナンス方法が変わり、外壁は塗られている塗料や、外壁材自体によっても変わる場...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん西三河店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-947-660