新年早々屋根にあがってきました|岡崎市

【台風21号、台風24号で被災された方へ12/8更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順次対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

あけましておめでとうございます。

昨年は街の屋根やさんに沢山のお問い合わせを頂き誠にありがとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

という訳で仕事始めでさっそく屋根に上がってきました!

本日は岡崎市で屋根に上がってきました。
足場の組み立て時に軒先に足をかけたら屋根が崩れてしまったそうです。
急を要していましたので早急に調査に伺いました。

屋根崩れ 腐食による下地の劣化
現場はこの様な状況でした。

軒先から2枚ほど下地から崩れていました。
かなり状況として悪い状態といえます。

屋根崩れ 腐食による下地の劣化
屋根崩れ 腐食による下地の劣化
瓦・葺き土・下地・モルタルと崩れています。

手で触ると他の部分もボロボロと崩れて行ってしまう様な状況でした。

屋根崩れ 腐食による下地の劣化
中の下地を見てみると・・・

下地の木材がボソボソになってしまい腐食しています。
経年的な劣化というのもありますが、
どこからかの雨水の侵入によって下地が腐食してしまった可能性が考えられます。

下地が腐食した可能性とは・・・?

屋根崩れ 腐食による下地の劣化
今回屋根の下地が腐食した可能性を考えてみました。

屋根が崩れてしまった場所というのは1階部分の屋根(下屋根)でした。
その下屋根という部分は2階部分の外壁と面しています。

下屋根の瓦と外壁との取り合いの所に雨押え板金という金属の部材が取付けてあるのですが
この雨押え板金の被りが少ない為、吹き降りの雨の際に雨水が侵入して下地を腐らせた可能性が考えられます。


補修方法としてはこの雨押え板金の被りの大きい物を取付け雨水の侵入を防ぎます。

そして問題の軒先の工事にかかります。
今回は下地から腐食しているので屋根を全てめくって下地をやり直してから屋根を葺いていきます。


今回は応急的な処置では難しいので、その旨を説明して提案させて頂きました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

鳥の巣被害改善!棟工事|豊田市

鳥の巣撤去工事
鳥の巣撤去工事
工事内容
雪止め設置
その他の工事
使用素材
なんばん漆喰(黒)
築年数
25年
建坪
約30坪
保証
工事費用
25万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

軒天水漏れ

軒天の水漏れによる穴あき、との事でてんけんに行ってきました。台風の時だったので被害拡大を恐れ応急の施工をご主人さまが行った後でした。しかし屋根の状況は登れない為変わっていません。

鳥の巣被害

今回は鳥の巣を瓦の中に作られて困っているという相談から点検にやってきました。ご覧のように一見何の不具合もなく葺いてある屋根です。

漆喰・鉄筋棒劣化

瓦屋根のメンテナンス周期は皆さんどれくらいでしょうか?一般的には10年くらいで一度「点検」を行ったほうが良いと思います。または台風や大雨の後などですね。30年からの瓦屋根の方は参考にしてください。