岡崎市で劣化しひび割れが発生した目地の打ち変え工事


IMG_7139-columns1
今回は岡崎市で目地の打ち変え工事を行ってきました。

サイディングのお家には外壁材の繋ぎ目の部分に「目地」という部位があります。

その目地にはシーリングというゴム状の様な物が打ってあります。

当然、隙間からの雨水の侵入を防ぐ役目もありますが
サイディングは伸び縮みをする為その伸縮に付いていく役目もあります。

ですが紫外線に常に当たっている為、新築から早くて
6年から7年程で写真の様に切れたり、ひび割れが発生してしまう事が多いです。

シーリングの切れを放置しておくと雨水が侵入してしまいます。

サイディングの裏には防水紙が張ってあるのですぐに室内に雨が侵入する
可能性は低いですが防水紙も永久物ではありません。

また、サイディング自体元々防水機能は無く塗装がしていない場所は
水を吸い込んでしまいます。

水を吸い込み、乾燥し、また吸い込んでと繰り返すことによって
板の反りや浮き、最悪割れに繋がってしまうので要注意です!
IMG_1215-columns2
IMG_1209-columns2
まず目地を補修する際、この様に古い物を撤去していきます。

カッター等を入れると綺麗に取れます。

古い物の上から新しい物を施工しても見た目は綺麗になりますが
下の古いシーリングは切れたままですので
新しい物が切れてしまう可能性が高くなる為
古い物は撤去し新しい物を施工していきましょう!
IMG_1214-columns1
こちらが撤去したシーリングです。

建物の高さが5M程ですので結構長いです!!
IMG_1204-columns1
シーリングを撤去するとこの様な状態になります。

左右の青いテープは施工するための養生テープで
他の場所にシーリングが付いて汚れない為に張っていきます。

真ん中の青い物は「ジョイナー」といい
シーリングが引っ付かない様になっています。

シーリングを普通に打つと壁が2点と後ろで全部で3点に付いてしまいます。

3点で接着してしまうと切れる可能性が高くなる為
2点で接着する為この様な部材が取り付けられています。
IMG_1213-columns1
後は新しいシーリングを充填していけば完成です。

そのまま打つのではなくシーリングの接着剤になる
プライマーを塗って施工していきます。

見えない作業ですがどれだけいい材料を使用しても
引っ付いていなければ意味がありません。

しっかりと作業していきます。

通常、外壁塗装と一緒にこの目地の工事をするのですが
費用や時期等でお悩みの方はこの様な工事をお勧め致します。

屋根・外壁の事なら街の屋根やさん西三河店へご相談ください!!!

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_0913

今回は豊田市で外壁の点検を行ってきました。外壁材にも種類が色々あり、劣化状態やメンテナンス方法が違ってきます。今回使用していた外壁材は「サイディング」という外壁材で・窯業系サイディング・金属系サイディングがありますが今回は窯業系サイディング...........

6486314814651b25168d7717073255e4

今回はサイディングを使用した外壁の点検を行ってきました。外壁材にもサイディングやタイル・モルタル・・・等色々な種類があり劣化状態も変わってきます。その中でも今回はサイディングという材料で劣化状態は・・・・目地の切れやひび割れ・サイディングの...........

IMG_8807

今回は豊田市で外壁塗装をお考えの方の家へ事前の点検に行ってきました。外壁塗装の目安は約10年です。2回目3回目の方は前回使用した塗料の種類によって次のメンテナンス時期が変わってきます。塗料と言っても一つではなく耐久性の長い物、遮熱効果がある...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん西三河店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-947-660