古瓦とカラーベストはどんな工事が必要?|岡崎市


スレート劣化
古瓦+カラーベストです。加えてトタンの外壁メンテナンスを行います。状態の確認のために屋根に登りましたが、何やら不安定です。
スレート劣化
汚れを見なければ、一見大きめのカラーベストの屋根です。しかし歩くと不思議なくらいに浮き沈みが所々でわかります。点検している私は細いほうなのですが、下地のきしむ音、屋根材の音が少し不安です。
スレート劣化
塗装されていないので褪色とカビの発生は広範囲で進行しています。進行しています。そしておそらく下地も傷んでいる可能性が高いです。それほど浮き沈みします。瓦の割れなどもあったのでいくらか漏水の可能性も考えなければいけません。
雨樋劣化
状態からいうと瓦屋根もカラーベストも屋根材を変える事になります。そして雨樋も交換です。写真ではわかりにくいですがとても歪んでしまっています。樋も塗装工事で仕上げておくと長持ちしますが何もせずだと材質の性質上変形してしまう事があります。屋根を変えると水の落ち方が変わるのでそれも理由の一つです。
トタン壁劣化
外壁は波トタンの鉄板です。鉄板なのでサビが多く見られます。そして所々変形して浮いたり曲がったりしています。トタンを押すと前後に動くのでやはり下地の柱も劣化で傷んでいるかもしれません。
トタン壁劣化
鉄部塗装ではサビ止めを下塗りして上塗りのペンキを塗ります。DIYなどではそのままサビの上にペンキを塗る方もいますが1年~2年で剥がれてきます。
古瓦もカラーベストも一度めくって下地を新しく造作して新規の屋根材を葺く方向で考えます。カラーベストについては「カバー工法」が人気の工事メニューですが下地に不安があると施工できません。そしてカラーベストの注意点はもう一つ、「アスベスト」です。葺き替えの場合は屋根材を撤去処分しますが、アスベストの有無で処分代がかなり大きく変動します。屋根の解体作業も専用の器具や装備があります。このように同じ形の建物や材料を使っているかに見えて点検してみるとその工事のやり方が変わってくることも良くあります。屋根工事や外壁のメンテナンスをお考えの方は当社へ一度お問い合わせください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

ルーガ鉄平/屋根葺き替え工事の事例紹介/刈谷市屋根業者

モニエル瓦
ROOGA鉄平
工事内容
屋根葺き替え
部分塗装
使用素材
KMEW ROOGA鉄平(ストーン・シルバー)
築年数
築20年
建坪
52坪
保証
10年間
工事費用
290万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

a7fbeaa6d72e628bc4a21e5a8f5eb356

今回は豊田市で瓦屋根の葺き替え工事を行ってきました。築50年以上経っており瓦がかなりズレて雨水が侵入し雨漏りに繋がっており今回、葺き替え工事を行う事になりました。使用した材料は栄四郎瓦の【LL40】という平板瓦です。形がフラットタイプの瓦で...........

IMG_4237

今回は知多郡阿久比町でメンテナンス前の屋根点検を行ってきました。使用されていた屋根材はカラーベストでした。カラーベストとは・・・屋根材の一つでセメントを主な材料として薄い板状になっており軽くて耐久性が優れているのが特徴です。色等も豊富な為、...........

20190726_190726_0003

今回は豊田市で屋根の葺き替え工事を行ってきました。葺き替え工事とは・・・今ある屋根材を撤去し新しい屋根材を葺いていく工事です。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん西三河店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-947-660