オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

瓦の定期メンテナンスで絶対に見ておいて欲しい場所は? 岡崎市



岡崎市にて、和瓦のメンテナンスを行う為に点検を実施しました!!!

屋根材が瓦の場合、基本的に瓦に抜けや割れ、ヒビ等が入らなければ
半永久的に使う事の出来る素晴らしい屋根材です!

しかし、メンテナンスは必要です!!

そのメンテナンス部分を一つ一つ紹介していきます!!

まず最初は・・・

瓦メンテ
瓦メンテ

前述にある屋根材の点検です!

瓦はかなり固く、しっかりとしたものです。

しかし、かなり強い風や台風で瓦が吹き飛んでしまったり
飛んできた小石で割れたりしてしまいます。

そして、その被害にあった瓦は下に落ちてきます。
人に当たったり、車に当たったり、近隣の家に当たってしまうと
かなりの大きな問題になってしまいます。

でも、下からではわかりにくい現象の一つなので
点検を行ってもらう場合は、屋根に登ってもらうと安心ですね

そして次に見る項目は・・・


瓦メンテ
瓦メンテ

棟の下にある半月状の部分

この部分を「漆喰」と言います。

この漆喰は、石灰を固めたもので
雨や風を防ぐためのものです。

寿命は、10年から15年程です。
なので、この寿命が過ぎてしまうと
屋根からぽろぽろと落ちてきてしまいます。

これも瓦と同じで人に当たると大問題になるので
注意が必要!!!!

次は現状ある家と無い家がありますが・・・

瓦メンテ
瓦メンテ

「谷板金」です!

この谷板金は屋根の折り目部分を雨水が通るときに
必要な部分です。

しかし、昔はこの谷板金に銅板を使うのが一般的でした

銅板は何がだめなのかというと、
酸性雨によって穴が開いてしまう事です。

この谷板金の下には、
防水効果のあるものが全くない為、もし穴が開いてしまうと
すぐに雨漏れの被害になってしまいます!


瓦メンテ
瓦メンテ

他にも細かい部分として
左の写真は棟の緊結線です。

この緊結線は、棟に積んである瓦を抑える役目をしており、
劣化が進行していくと、ゆるんだり切れたりしてしまいます。

もし切れたまま放置すると、最悪の場合
一番上にある冠瓦が吹き飛んでしまう恐れもあるので注意が必要です。

そして、右の写真は軒先を抑えている番線です。
この番線はよく瓦にサビが付いてしまう原因です。

この部分はすごく切れやすく、放置すると
軒先の瓦が落ちてくる可能性もあるので注意です!!


瓦の点検は、基本的に屋根に登って見ないとわからない症状が多いです。
最近はドローン診断や長い棒にカメラをつけて診断する事もあります。

しかし、それではわかりにくい事も多々あるので
せっかく屋根の工事を行うのであれば、最初に屋根に登ってもらう事をお勧めします!!

もちろん街の屋根やさん西三河店は屋根に登って点検を行います!!


同じ工事を行った施工事例

施工事例

豊田市でハイロールを使って棟の積み直し工事を行いました

20181020-6_181020_0022
257be8e15052a0772b0405892b70ae56
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
足場
火災保険
使用素材
ハイロール
築年数
築20年
建坪
40坪
保証
工事費用
80万円
施工事例

長い間・・・雨漏れが止まらなかったようです|刈谷市

工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
防水工事
使用素材
防水シート、カラーGL鋼板等
築年数
18年
建坪
25坪
保証
工事費用
40万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

塩焼瓦

塩焼瓦ってなに!?刈谷市にて塩焼瓦の屋根点検を実施しました。今回のお問い合わせ内容は・・・「訪問販売の方に、屋根がおかしくなっているから見ましょうか?」と、急に訪問されたそうです。屋根のことは生活をしている中でほとんど見ることがないものです...........

スレート点検

豊田市にて屋根の点検を実施しました。今回のお問い合わせ内容は・・・「家のメンテナンスをしたいから屋根に上って!!!」との事でした。確かに屋根に実際に上ってみないとわからない劣化症状もあります。他にも、スレート屋根は経年劣化が進行するとわかり...........

スレート屋根

安城市にて、屋根工事を行う前の現地調査に行ってきました!!!今回のお問い合わせは・・・「屋根全体を一度メンテナンスしようと思っているから、一度点検してみてほしい」との事でした。屋根点検を行う中で、近頃はドローンを使った点検や自撮り棒を使い、...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん西三河店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-947-660