岡崎市で経年の劣化により剥離してしまった瓦屋根の点検


今回は岡崎市で瓦屋根の点検を行ってきました。

瓦自体は焼き物で割れたりしない限りメンテナンスは
必要ありません。

割れたとしてもその部分の差替えが可能ですので
メンテナンスにほとんど費用の掛からない屋根材です。

ですが棟という部位の下に詰めてある「漆喰」
のメンテナンスは必要になります。

漆喰は年数が経ってくると
ひびが入ったり、剥がれてきてしまいます。

その漆喰の剥離等を放置しておくことにより
棟瓦のズレや強風の際に崩れてしまったり
最悪の場合雨漏りにも繋がってきます。

それでは漆喰はどの様な状態になったら
メンテナンスして行かなければいけないのかお伝えしていきます。
IMG_2319-columns2
IMG_2330-columns2
まず漆喰とは、屋根の頂上にある棟という部位の下に
詰めてあるものです。

こちらの漆喰が年数が経ってくると
表面にひびが入ったり剥がれてきてしまいます。

漆喰に不具合がありますと
この棟瓦がズレてきたり崩れ漆喰の工事だけでは直せない状態に
なってしまう可能性があります。
IMG_2324-columns2
IMG_2329-columns2
大体10年~15年ぐらい経ってくると
この様に漆喰が剥がれてきてしまいます。

この様に剥がれてしまうと雨等に当たり
中は土ですので水をどんどん吸い込んでしまいます。

また、雨と一緒に中の土が流れていってしまい
中がスカスカになり漆喰を塗ろうとしてもできない状態にもなってしまいます。
IMG_2326-columns2
IMG_2331-columns2
先程の漆喰の剥がれがあった箇所の下の方の瓦をめくってみると
この様に雨水が侵入した跡がありました。

瓦の下へ雨水が侵入してもルーフィングという防水シートが
ありますのですぐに雨漏りするという訳ではありませんが
ルーフィングに不具合があると雨は室内へ侵入してきてしまいます。

ルーフィングの破れ等は屋根材をめくってみないと
確認出来ない事が多いです。
IMG_2321-columns2
IMG_2320-columns2
棟の先端にある鬼瓦や棟留めの場所にも漆喰を使用して
施工しています。

今は鬼瓦の廻りはコーキングで
棟留めは板金で巻きコーキングで留めています。

コーキングも永久物ではなく
メンテナンスを行っていかなければいけないのですが
漆喰と違い下へ落ちてくることが無い為
今はこのやり方が主流になっています。

瓦自体は最初にもお伝えしたように
ほとんどメンテナンスが必要なく半永久的にもつ屋根材です。

漆喰等の細かな部分をしっかりメンテナンスし
丈夫で綺麗な屋根を守りましょう!!!

街の屋根やさん西三河店は点検・見積もりは無料です!
屋根の事でお困りの方はまずは一度ご連絡ください!

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_8793

今回は豊田市で瓦屋根の点検を行ってきました。ご依頼の内容は家の下へ漆喰が落ちてくる為一度屋根を見て欲しいという事でした。漆喰とは屋根の頂上の棟と呼ばれる部位の下に詰めてある白い物です。年数が経ってくるとひび割れや剥離が発生し放置しておくと棟...........

IMG_8364

今回は豊田市で瓦屋根の点検を行ってきました。瓦自体は焼き物ですので割れたりしない限り基本的にはメンテナンスは必要ありませんが屋根の頂上、棟という部位の下に詰めてある漆喰のメンテナンスは必要になります。その漆喰は年数が経ってくるとひび割れや剥...........

008c8188643e178fd64bbc9b8056f9ef

今回は豊田市で瓦屋根の漆喰詰め直し工事を行ってきました。漆喰は棟と呼ばれる部位の下に塗ってあるもので年数が経ってくるとひび割れや剥離がおこってきます。その不具合を放置しておくと漆喰の中には土が入っています。土なので水をどんどん吸い込み雨漏り...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん西三河店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-947-660