オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岡崎市でモルタルを使用した外壁のメンテナンス前点検


今回は豊田市でモルタルを使用した外壁点検を行ってきました。

モルタルとは・・・
セメントを1として砂を3の割合で混ぜ水を入れ混ぜ合わせたものです。

構造は何層かによって構成されており
内側には防水紙が貼られておりその上に
ラス下地板と呼ばれる板、防水紙、ラスという金網をはり構成されています。

モルタルはサイディングとは違い繋ぎ合わせではない為
板の繋ぎ目、目地が無い外壁材です。

モルタルのメリットは
・防火性が高いまた有害ガスを発生しない
・強度が高い

デメリットは
・クラック(ひび割れ)が発生しやすい

クラックの種類も
・ヘアークラック
幅0.3㎜以下
深さ4㎜以下

・構造クラック
幅0.3㎜以上
深さ4㎜以上

構造クラックになりますとひび割れの幅が広い為
雨水の侵入する可能性があります。

この状態を放置すると建物内部を腐食させる恐れがある為
補修後の塗装が必要になります。

またモルタルには塗装でのメンテナンスが必要になります。
手にチョークの粉の様な物が付く
「チョーキング」が発生しているお宅は
塗装でのメンテナンスをご検討しましょう!

チョーキングがさらに劣化すると
塗膜の浮きや剥離に繋がってきます。

この様な状態があるお宅は早めにメンテナンスを検討しましょう!
IMG_8631-columns2
IMG_8630-columns2
IMG_8629-columns2
IMG_8671-columns2
外壁のメンテナンスをお考えの方は
街の屋根やさん西三河店へご相談ください!!!

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

S__62488578

今回は豊田市で瓦屋根の点検を行ってきました。お客様から雨漏りがしているので一度見て欲しいというご依頼を受けお伺いした所屋根に上がって見ると瓦が浮いている状態でした。強風によって浮いてしまった可能性が高く瓦が浮き、ズレている状態でいた為雨漏り...........

IMG_0501

今回はみよし市でモニエル瓦が使用されている屋根の点検に行ってきました。モニエル瓦は、陶器の瓦と違い塗装でのメンテナンスが必要になります。今は生産がされていない為割れてしまったりすると、同じものでの差替えが出来ない屋根材です。どの様な劣化状態...........

棟の積み直し

瓦の逆葺せが行われている屋根の葺せ直し工事と棟の積み直し工事が開始しました!!瓦とは・・・しっかりとした施工基準があります。この基準に沿っていないと、屋根からの雨漏り被害に繋がってしまいます。今回の工事は最初に、棟の積み直し工事からです!!

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん西三河店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-947-660