オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岡崎市で経年の劣化によりひび割れてしまい雨漏りしたFRP防水


今回は岡崎市でベランダ防水の点検に行ってきました。

防水にも色々な種類があり
それぞれにメリット・デメリットがあります。

メンテナンスの期間は約10年で
10年経ってくると防水に切れやひび割れ等の不具合が発生し
雨漏りに繋がってくる可能性があります。

IMG_6102-columns1
FRPとは繊維強化プラスチックの略称で
    (Fiberglass Reinforced Plastics)
ガラス繊維等の強化剤で補強されたプラスチックという意味です。

強度・耐久性が優れている為
船舶や水槽、波板、自動車等にも使用されています。

IMG_6108-columns2
IMG_6104-columns2
IMG_6107-columns1
年数が経ってくるとこの様に表面がひび割れてくる事が多いです。

この様に割れてきたりする事により
その割れた箇所から雨水が侵入し雨漏りとなってしまう事があります。
そうならない為に定期的な点検・メンテナンスが必要になります。

またドレンにゴミ等の詰まりがあると雨漏りに繋がりやすいです。

皆様の目に見えている表面には
保護塗膜のトップコートが塗られています。

このトップコートは防水層に直接紫外線を当てない為に塗ります。

防水の一番の劣化原因は紫外線です。

トップコートに劣化があると防水層の劣化の進行も早くなります。

雨漏りしてからですと追加で室内の工事
下地がダメになると下地の工事が必要になり
余計な追加工事・費用が掛かってしまいます。

雨漏りしてしまう前に点検・メンテナンスをしっかりしていきましょう!

街の屋根やさん西三河店は点検・見積もりは無料です。
迷ったらまずご相談ください!!!

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

S__62488578

今回は豊田市で瓦屋根の点検を行ってきました。お客様から雨漏りがしているので一度見て欲しいというご依頼を受けお伺いした所屋根に上がって見ると瓦が浮いている状態でした。強風によって浮いてしまった可能性が高く瓦が浮き、ズレている状態でいた為雨漏り...........

IMG_0501

今回はみよし市でモニエル瓦が使用されている屋根の点検に行ってきました。モニエル瓦は、陶器の瓦と違い塗装でのメンテナンスが必要になります。今は生産がされていない為割れてしまったりすると、同じものでの差替えが出来ない屋根材です。どの様な劣化状態...........

棟の積み直し

瓦の逆葺せが行われている屋根の葺せ直し工事と棟の積み直し工事が開始しました!!瓦とは・・・しっかりとした施工基準があります。この基準に沿っていないと、屋根からの雨漏り被害に繋がってしまいます。今回の工事は最初に、棟の積み直し工事からです!!

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん西三河店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-947-660