早めのメンテナンスで綺麗な家へ!!岡崎市

【台風21号で被災された方の安全と一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます】
  台風21号が西日本に甚大な被害を与え日本列島を通過しました。
関西地方を中心に各地で記録的な暴風による停電被害、事故、交通の乱れ、住まいの破壊など大きな混乱が生じ、現在でもその爪痕が残った状態となっております。台風による被害を受けた方、受けたかも知れない方は街の屋根やさんにご相談ください。点検はもちろん可能な限り応急処置にもその場で対応いたします。
現在大変多くのお客様よりお問合せを頂いており、順番に対応をさせていたただいております。
皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

今回は屋根・外壁塗装の見積依頼で岡崎市に行ってきました。

ご依頼内容は築10年なので塗装でのメンテナンスを
考えているので1度見に来てほしいというご依頼でした。

塗り替えの目安は新築から10年です!!!

2回目の塗り替えの方は塗料の種類にもよるので
様々ですが大体これぐらいです。

また早めに塗り替えることで外壁材の
状態がいいので塗料ののりや塗り替え後の
見た目が変わってきます。

勿論費用が掛かることですので
何度もできる事では無いのですが
出来るだけ早くしっかりとメンテナンスしていきましょう!!!
屋根 外壁 塗装 塗り替え 見積り
屋根 外壁 塗装 塗り替え 見積り
まずは屋根です!!!

塗膜劣化の1番の原因は紫外線です!!
紫外線により塗膜が破壊されて色褪せしてきます。

屋根は1番紫外線が当たる場所ですので
色褪せるスピードも他の部位に比べると早いです。

築10年でも全体的に色褪せが進んでいました。
塗膜の色褪せや劣化を放置することによって
屋根材の浮きや反り等に繋がってきます。

屋根 外壁 塗装 塗り替え 見積り
屋根 外壁 塗装 塗り替え 見積り
皆様「チョーキング」という言葉をご存知ですか???

チョーキングとは先程と同じように
紫外線により塗膜が破壊されることによって
壁を触るとチョークの粉のような物が付くことを言います。

この現象は塗装の時期に来た1番わかりやすいサインです!

ご自分の家で是非試してみて下さい。

またサイディングには目地と呼ばれる場所に
コーキングで水の侵入を防ぐよう施工されています。

この目地のコーキングは新築から早くて
6年~7年でひび割れてきたり切れてきたりします。

切れて隙間があると当然そこから雨は侵入してきます。
中には防水紙が貼ってあるのですぐには
雨漏りしないかもしれませんが防水紙もずっと持つものではありません。

破れてしまったりするとそこから雨は侵入し雨漏りの原因になります。

塗装する際は一緒に直してから塗装してあげましょう!!!
家を長く綺麗に保つ秘訣は

定期的な点検とメンテナンスです!!!

街の屋根やさん西三河店は点検・見積は無料です!

屋根・外壁塗装をお考えの方はまず
街の屋根やさん西三河店にが連絡下さい!!!

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

漆喰・鉄筋棒劣化

瓦屋根のメンテナンス周期は皆さんどれくらいでしょうか?一般的には10年くらいで一度「点検」を行ったほうが良いと思います。または台風や大雨の後などですね。30年からの瓦屋根の方は参考にしてください。

古瓦の劣化

今回は古瓦の改修工事依頼です。点検にやってきてお伺いしましたがこれまでは隣家が並んで建っていたが今回更地になったので・・・。との事でしたが、隣家との隙間がなくほぼぴったりくっついて建っていたそうです。その為工事ができずにおられたようです。

折半屋根 サビ 腐食

今回は豊田市で折半屋根の点検を行ってきました。折半屋根とは主に工場等に使用されているギザギザとした形の屋根になります。屋根材自体は板金なので長い間放置しておくとサビが発生してしまいます。1度サビが発生してしまうとそこから自然に直る事はなくど...........