日進市の某学校の道場の屋根瓦の補修をさせて頂きました。

【台風21号、台風24号で被災された方へ12/8更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順次対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

DSCN0292-columns1-overlay
こんにちは、今回の現場は、日進市で、某大学の道場の屋根瓦が偉い事に成って居た現場のお直しした時のものです。
昔葺いた屋根には時々有りますが、平瓦の釘は一本も打っていませんでした、昔の土葺きからの勘違いでしょうか、目にする事がたまにあります。
置いてあるだけの瓦は、台風でずれてしまい、角瓦、袖瓦を飛ばしてしまいました。
DSCN0286-columns2-overlay
漆喰の工事も致します。
漆喰撤去完了の状態です。
DSCN0318-columns2-overlay
漆喰の工事完了の状態。
DSCN0302-columns3-overlay
すっかり飛ばされて無くなってしまった角瓦、袖瓦です。
DSCN0301-columns3-overlay
施工中ですが、一枚一枚すり合わせて施工して行きます。
DSCN0315-columns3-overlay
飛ばされてしまった角瓦、袖瓦の補修も完了致しました。
DSCN0285-columns2-overlay
鬼瓦の固定を漆喰にて施工して有りましたが、漆喰を撤去いたしました。
DSCN0317-columns2-overlay
今回の鬼巻は、コーキングでガッチリ固定しました。
DSCN0300-columns1-overlay
平場の瓦は、踊って居るだけでは無く、割れもあります。
DSCN0308-columns1-overlay
平場の瓦は、直して、割れた瓦も差替えました。
これで、補修工事完了しました。
せっかくの建物なので、息の長い物に成ってほしいと思います。





屋根や壁のトラブルはお任せください。
無料点検致します。
お電話でのお問い合わせは9時~17時まで受け付けております。
0120-947-660
外装工事だけに関わらず何でもご相談ください。
お待ちしております。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

台風被害 瓦の割れ・ズレ

春日井市で屋根瓦が台風によってめくれてズレたので応急補修に行ってきました。こちらが実際の写真です。棟瓦という屋根の頂点部分に積んである瓦がずれています。中の葺き土も見えてしまっている状態でこのまま放置しておくと雨漏れのリスクが増えていきます...........

軒天水漏れ

軒天の水漏れによる穴あき、との事でてんけんに行ってきました。台風の時だったので被害拡大を恐れ応急の施工をご主人さまが行った後でした。しかし屋根の状況は登れない為変わっていません。

雨樋腐食

雨樋からの水漏れ、しかも結構な量との事で点検に来ましたが地上からでも劣化がはっきりわかりました。細部点検の為はしごを登り、見てみるとジョイント部分が劣化・腐食しています。なぜこのようになるのか。接合部は接着剤で固定してあります。経年とともに...........