サイディングの目地の打ち替えの様子|日進市

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

今日は日進市で目地の打ち替えの工事をやっていましたのでその様子をお伝えしたいと思います。

今回施工している家は築15年経過しておりまだ一度もメンテナンスされていないとの事でした。
外壁にはサイディングが使用されていました。
このサイディングというのは長方形の板状の外壁材でそれが壁に貼ってあります。
この板と板との継ぎ目部分にコーキングというゴムの様な物が使用されています。
サイディング 目地の打ち替え
こちらが目地・コーキングと呼ばれるものです。
外壁との継ぎ目部分に使用されておりゴムの様な役割をしています。

外壁の継ぎ目から雨水が侵入しないような役割と
サイディング自体が膨張収縮をした時にその動きに追従する様な役目もしています。

しかし年数の経過とともに硬化収縮といい段々と硬くなって痩せてきます。
そうするとサイディングの動きに追従できなくなり、隙間が空いたり剥がれてきたりしてしまいます。

サイディング 目地の打ち替え
サイディング 目地の打ち替え
こちらが経年劣化が進行して目地コーキングが剥がれてしまった状態です。
外壁の裏には防水シートという物が張られているのですぐには雨漏れしませんが
右の写真のサイディングの側面というのは塗装がされていませんので目地が剥がれてしまうと
こういった所から雨水の吸収してサイディングの劣化にも繋がりますので
なるべく早くメンテナンスをした方が良いと言えます。
サイディング 目地の打ち替え
サイディング 目地の打ち替え
そしてこちらが工事中の様子です。

目地の打ち替えというのは今ある目地を一度撤去して新たにコーキングを打つという方法です。
基本的に塗装工事では目地部分は打ち替えをお勧めしています。
劣化した所にコーキングを打ってもすぐに剥がれる恐れがあるからです。

左の写真は既設の目地の撤去の様子です。
そして右は撤去後の様子です。

今日の作業はここまでです。

次回は新たにコーキングを打っていく様子をお伝えしたいと思います。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

古瓦雨漏れ

今回は刈谷市のとある店舗さんの屋根点検です。なんと築90年という老舗ですが、やはり建物の老朽化は進んでしまうものです。幾度となくメンテナンスを繰り返してきましたが、今回の台風で水漏れが相当量あったようです。

モルタルベランダ

外壁塗装や防水工事を行ったことがある方は勝手がわかるかもしれません。今回はベランダのタイプで工事内容が異なるという話をしていきたいと思います。モルタルのベランダです。灰色と緑の部分が混ざっています。

漆喰工事

前回点検の様子をお知らせした漆喰工事の様子を見て頂こうと思います。正しい漆喰工事という事でブログをご覧になったかと思いますが、何が間違っていて何が正しいのか?こちらを読んでいただいて参考にして頂ければと思います。