サイディングの目地の打ち替えの様子|日進市


今日は日進市で目地の打ち替えの工事をやっていましたのでその様子をお伝えしたいと思います。

今回施工している家は築15年経過しておりまだ一度もメンテナンスされていないとの事でした。
外壁にはサイディングが使用されていました。
このサイディングというのは長方形の板状の外壁材でそれが壁に貼ってあります。
この板と板との継ぎ目部分にコーキングというゴムの様な物が使用されています。
サイディング 目地の打ち替え
こちらが目地・コーキングと呼ばれるものです。
外壁との継ぎ目部分に使用されておりゴムの様な役割をしています。

外壁の継ぎ目から雨水が侵入しないような役割と
サイディング自体が膨張収縮をした時にその動きに追従する様な役目もしています。

しかし年数の経過とともに硬化収縮といい段々と硬くなって痩せてきます。
そうするとサイディングの動きに追従できなくなり、隙間が空いたり剥がれてきたりしてしまいます。

サイディング 目地の打ち替え
サイディング 目地の打ち替え
こちらが経年劣化が進行して目地コーキングが剥がれてしまった状態です。
外壁の裏には防水シートという物が張られているのですぐには雨漏れしませんが
右の写真のサイディングの側面というのは塗装がされていませんので目地が剥がれてしまうと
こういった所から雨水の吸収してサイディングの劣化にも繋がりますので
なるべく早くメンテナンスをした方が良いと言えます。
サイディング 目地の打ち替え
サイディング 目地の打ち替え
そしてこちらが工事中の様子です。

目地の打ち替えというのは今ある目地を一度撤去して新たにコーキングを打つという方法です。
基本的に塗装工事では目地部分は打ち替えをお勧めしています。
劣化した所にコーキングを打ってもすぐに剥がれる恐れがあるからです。

左の写真は既設の目地の撤去の様子です。
そして右は撤去後の様子です。

今日の作業はここまでです。

次回は新たにコーキングを打っていく様子をお伝えしたいと思います。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

室内クロスカビ

安城市で雨漏り点検の依頼がありましたので、お伺いしてきました。1F洋室壁の雨漏り状況の写真です。通常の雨でも雨漏りしているとのことで、クロスはカビが発生し、下地のボードも雨水を吸い込み、ボロボロの状況でした。続いて、外部の状況を調査していき...........

屋根塗装 割れ 褪色 点検

屋根塗装のご依頼で岡崎市のK様邸に行ってきました。屋根の塗装を考えるポイントは皆様・見た目が悪くなった・10年たったから等を1番に考えると思います。何故見た目が悪くなったのか何故10年なのかご説明していきます!!!

S__14729227-e1524557223914

こんにちは、今回の現場は、カラーベストへの葺き替えです。既存の屋根材をめくって、野地の補強の為コンパネをはります…そこまで来たら後は通常道理のカラーベストを葺く要領で進んでいきます。上の写真は、コンパネを張った状態に、軒先板金を施工したとこ...........